未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

献血体験録

 あれは高校生の時。初めての献血に臨んで死ぬほど緊張して、一緒に行った友人に「顔むっちゃ赤いけど大丈夫か」と心配されながら受けた血圧検査にて、お医者さんに、

「うーん低いなあ……(三秒ほど考え込む)、ま、若いから大丈夫でしょう! OKってことで!」

と朗らかに告げられ、

「これ、緊張して心臓ばくばくしてなかったら献血できなかったのでは? ていうか、あの言い方だともしかしたらギリギリアウトだったのでは????」

という、ネタ感満載な経験をして以来、なかなか一筋縄ではいかない献血履歴を重ねてきているわけですが、ちょいとここらで過去のツイートをまとめておきますね。
(献血できた記録は、献血カードや日本赤十字社のWEBサービス「ラブラッド」で照会できますが、献血できなかった記録はそうもいかないし)

先日久しぶりに献血することができた。で、安静な状態で血ィ抜かれること十数分、献血後の血圧計った看護士さん達をざわめかせることに。私、普段から血圧が低くて献血できないことが多いんだけど、安静時の血圧が特に低くてね。採血ベッドの上で思いっきりリラックスしてたからなあ。本当すみません。
posted at 2014/7/18 17:07:27
 この時、献血後の血圧は上が80ジャストでした。「ジュース飲んで。今すぐ」「お菓子も食べて。血圧がちょっとは上がるから」と、むっちゃ心配されてしまいました……。
そういや昔、後輩に「血圧低いって聞くと、なんか『か弱い』ってイメージがありますけど、先輩の場合はちょっとビミョーですよね」と言われ、「心臓が『とりあえず全身に血がまわってるから、これぐらいでいいんじゃね?』って手を抜くんだよ」とボケたら、真顔で「そうか」と頷かれたことがあります。
posted at 2014/7/18 17:24:11

昨日は外出のついでに献血してきました。血圧低すぎたり比重が軽すぎたりで、だいたい四回に三回は断られる上に、思い立った時しか思い立たない(←)性格なので、二年ぶりの献血だったのですが、そのあとなんかやたらと疲労感に襲われて、家帰ったら沈没してました……。結構寝たのに今もまだ眠い。
posted at 2017/6/5 08:46:09
献血できなかった時のこともきっちり記録されているからだろうけど、事前検査のお姉さんに「良かったですね! 今日は献血できますよ!」ってむっちゃ応援(?)されるの、楽しいw できなかった時は「日によって、季節によって変わるから、諦めずにまた来てください」って何度も言われるのも楽しい←
posted at 2017/6/5 08:52:39
あ、今まで血ィ抜いてもこんなに疲れたことなかったんで、単に気がついていなかったけど体調が微妙だったんだと思います。
二年前の献血は、3時間の空手の練習のあとに献血車見かけてそのままGO!だったけど、全然平気だったし(それはそれでどうかと思う
posted at 2017/6/5 08:59:03

買い物のついでに献血チャレンジしたけど、比重不足でアウトでした……orz
posted at 2017/12/30 16:34:49

ゴールデンウイーク突入したことだし、お出かけのついでに献血行ってきた。問診のお医者さんは「おじーちゃん」って感じの人。血圧測定結果、89-51。
「血圧、いつも低いの? 90無いと献血できないんだよね」
「低めですけど、最近は、血圧でひっかかることは少なかったですねー」
「そうなの?」
posted at 2018/5/2 14:11:29
「前回前々回と比重で不可になったので、ここ数か月鉄剤飲んで備えてきたんですよ!(謎アピール」
「1足りないだけだもんねえ。じゃあ、もう一回測ってみよう」
101-30
「三桁! 行きましたよ!」
「下が30は不可だね……」
「上は三桁もあるのに?」
「あー、うん、じゃあ、もう一回だけ測ろうか」
posted at 2018/5/2 14:13:38
……というやり取りの結果、測定三回目にして正常値が出、それまでの状況を総合的に判断しても問題無かろう、ということで血圧の関門を無事に通過。血液検査で比重がコンマ3足らず献血できなかったというオチがつきました。なんでや。
posted at 2018/5/2 14:17:43

先日、用事の合間に前回のリベンジを果たすべく献血センター行ってきたんですが、事前の検査にて血圧104-51(お、今回は高めだな)(前回の「正常値」も二桁だった)、ヘモグロビン濃度基準ジャスト(ヤッタネ!)で、無事献血できました!
献血中は血流を良くするレッグクロス運動もしっかり頑張り→
posted at 2018/7/26 21:53:33
というのも、昔、レッグクロス運動なんて言われなかった頃、ボーっと献血してたら普通人の三倍ぐらい時間がかかって「手!もっと気合い入れてにぎにぎしてください!」って怒られたことがあって。真面目に運動して無事スムーズに献血を終え、〆の血圧測定……で看護師さんの眉間に皺が寄りましてな。→
posted at 2018/7/26 21:54:31
見せて貰った血圧計が80-54。「最初は……104あったんですね……もう一度測りますね」とやり直され、出た数字が78-51。「これ食べてください。ここで全部」と小さなチョコ三つを「これ飲んでください。今すぐ」と300mlのスポドリを渡され、完食後の測定で無事89に上がって献血台から解放されました。→
posted at 2018/7/26 21:55:34
「もしかして普段血圧低いんですか」「今日は珍しく三桁いったな、って思ってました」で看護師さんがちょっとホッとしてました。すまぬ。
献血後すぐにチョコとスポドリ貰うのは以前も経験してたんですが、その時は解放時の血圧しか見せてもらえず、今回ので80あたりに閾値があるのが分かりました。
posted at 2018/7/26 21:56:14
でもって、やっと献血回数が10回になって、記念品いただきましたん。
ていうか、まだ10回しかできてなかったんか……(´・ω・`) チャレンジは間違いなく30回以上してたんだけどな……。

posted at 2018/7/26 21:58:57

そうだ、聞いてください。久々に献血に成功しました!! しかもヘモグロビン濃度が基準より1g/dLも上でした!すごい!(この超過分、とっておいて足りない時に補充できたらいいのに)
posted at 2019/4/20 19:33:03


 とまあ、こんなふうに運試しのノリで献血チャレンジしていますが、本体がお調子者でも血液は役に立つはずなので、これからも健康が許す限りは地味に続けていきたいと思っています。

→「献血体験録2」へ続く
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/982-4e14d714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします