未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

DIGクリエイティブアワードに参加してます(追記あり

 なかなかネットに繋げることができず、遅くなってしまいましたが、改めて……

 あけましておめでとうございます!
 
 去年は、電子書籍を出させていただいたり、色んな企画に参加させていただいたり、と、とても充実した一年でした。
 拙作を読んでくださった方、お声をかけてくださった方、本当にありがとうございました! 全ての出会いが、私にとってかけがえのない宝物です。

 今年も、実りある年にすることができたらな、と思っております。

 

 さて、表題のとおり、現在開催されているDIGクリエイティブアワードに、「黒の黄昏」で参加しております。

 ええええ? DIGクリエイティブアワードって年齢制限ついてたらアカンのと違うん、と思われた方。そのとおりです。
 ですから、去年の夏から、ちまちまと全年齢向けに「黒の黄昏」を改稿しておりました。

 途中、電子書籍の原稿など他のことに時間を取られ、作業がぶつりと中断していたのですが、年末年始に寸暇を惜しんで取り組んだ結果、何とか最後まで書くことができたので、ご報告いたします。
 現在、DIGのサイトに六章までアップしましたが、いかんせんこの古いノパソ(デスクトップパソコン使用権がまわってくるのを待つのは諦めました……)では、フラッシュ満載の編集画面が激重で、とても推敲どころじゃないため、手元のテキストエディタで最後のチェックを終えてから、順次アップしていくことにします。

 何故わざわざ全年齢向けに改稿までして「黒の黄昏」でエントリしようと思ったかといえば。
 DIGクリエイティブアワードが、過去に公開済みの作品(商業出版は除く)でも参加できると知り、一から新しい話を考える時間がない現状でも応募できるかも! と手持ちのネタの中を探ったところ、一番物語が派手で比較的キャッチーと思われるものが、あの長編ファンタジーしかなかった、というわけなのでした……orz
 いざ改稿しはじめたら、これがまあかなりの難物で。単純にラブシーン削ればいい、ってもんではないだろう、とは思っておりましたが、こんなに大変だったとは……。

 一番変わったのは、隊長のパートですね。キャラの造形そのものは基本的に変化ありませんが、ある意味、男っぷりが上がったような気がします。ていうか、こっちの隊長のほうが色んな意味で隊長らしいと思ったので、一部本館のほうにも逆輸入させてしまいました。(7-3「醜類」、8-1「隙意(片恋から改題)」、8-3「嵌絵」、9-1「命令」、9-2「錯綜」のあたり)
 今更の改稿、すみません。でも、隊長×副隊長の絡みは増量されましたので、どうかご了承を……。
(これまで、物語の状況と、彼に対する「有能な指揮官」という評価と、実際の彼の行動とが、ちぐはぐになってしまっていましたからねえ。「夜風~」でちょろっと登場させたものの、イマイチ使いづらかったんですよ。これでかなり隊長がらみの後日譚が書き易くなったと思います!)
(そういえば、初稿完結時に「後日譚は書かない」と断言しておりましたが、これは、あのまま続きを書くと物語世界が崩壊しかねないと思ったからなのでした。三年前の大改稿で、初稿が内包していた問題を粗方解消することができたので、ネタが降ってきたものから、ポツポツ書いていきたいと思っていますv)

 では、応募締め切りまであと一週間、ラストスパート頑張ってきます!
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/747-ef06ae5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします