未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

電子書籍版「撞着する積木」特典SSその2「喧嘩」


「すまなかった」
 不穏な空気に耐えかねたのだろう、朗がとうとう路肩に車を停めた。志紀のほうに身体ごと向き直って、本日三度目の謝罪の言葉を、一音ずつ噛みしめるように吐き出す。
 夕闇に沈む郊外の幹線道路、朗の車のすぐ脇を、轟音をたてながらダンプカーが走り抜けていった。
「もういいです」
 騒音が遠ざかるのを待って、志紀は少し唇を尖らせながら返答した。すまない、悪い、許してくれ。薄っぺらい言葉ばかりを積み重ねられても、虚しさがつのるばかりだ。
「私が悪かった」
「だから、もういいですって言ってるじゃないですか」
 言葉を返せば返すほど、いらいらがつのっていく。朗を一顧だにしないまま、志紀は溜め息をついた。
 
 花火大会を見に行こう、と言われて、大張り切りで浴衣を着て、待ち合わせの駅前の車寄せで待つこと十五分、見慣れた赤い車が自分を通り過ぎて、別の女性の前に停まった時の、あの絶望感は、筆舌に尽くしがたい。
「まさか、浴衣を着ているなんて思ってもいなかったんだよ」
 確かに、件の女性は、志紀と同じぐらいの背格好だったし、服装もいつもの志紀と同様なカジュアルスタイルだった。
 駅前の往来の中、運転しながら待ち合わせ相手の姿を確認する、ということが容易ではないことぐらいは、志紀にも想像がつく。そう頭では理解できても、胸の奥は、未だにじくじくと疼いている。
 
 花火会場の周辺は、地獄の混雑具合で知られている。朗が車を出したのは、少し離れた山から花火を鑑賞するためだった。花火ビュースポットとして知られる展望台の近くにはコーヒーの美味いカフェがあると聞いて、志紀はとても楽しみにしていたのだ。
 黒地に淡い桜が舞う浴衣は、母が若い頃に一度二度袖を通しただけという、新品同様の美しいものだった。着付け方法をネットで探し、プリントアウトしたものと首っ引きで帯の結び方を覚え、志紀は今日という日に臨んだ。以前話の流れで「私のどこが良かったんですか?」と問う機会を得た時、躊躇いもなく「ものの考え方が」と言い切った朗も、もしかしたらこの浴衣姿なら褒めてくれるかもしれない、と思って。
 ……そんな甘いシチュエーションなど、今や夢のまた夢となってしまったわけだが。
「遠目で見て、いつもの立ち姿に一番近い人物を、君だと思い込んでしまった。浴衣姿は本当に予想外だったんだ……」
「分かってます」
 分かっているが、納得はできない、したくない。
「志紀……」
 朗が志紀の右手を取った。慌てて手を引こうとする間もなく、左手も掴まれる。
 志紀の頬が、カッと熱くなった。怒りのあまり。
「放してください!」
 お互いにじゃれ合っている時に、強引に出られるのは嫌いじゃなかった。でも、こんな、人が怒っている時にまで、力でねじ伏せようなんて、あまりにも横暴すぎる……!
 やめて、と必死に身体をよじる志紀の耳に、酷く擦れた声が飛び込んできた。
「違う」
 何が違うというのか。目に精一杯力を込めて志紀は朗を見上げた。
 予想もしていなかった穏やかな眼差しが、真っ直ぐに志紀を見つめていた。
 掴まれていた両手が、離される。
「やっと、私のほうを向いてくれたな」
 静かな声に、志紀は小さく息を呑んだ。
 朗は、そっと面を伏せると、もう一度、ゆっくりと、「悪かった」と謝った。
「……先生……」
 先生のしたことは、これほどまで責められるべきことなのだろうか。ふと、志紀は思った。私は、こんな表情を先生にさせたかったのだろうか、とも。
 
 答えは、否、だ。
 
 志紀は大きく息を吸い込んだ。
 とはいえ、あの胸の痛みを無かったことにするのには、少々抵抗があった。仲直りに一つぐらい条件をつけてもバチは当たらないよね、と自分に言い訳をして、志紀は頭の中で台詞をシミュレートする。
 
 ――もういいですよ、私も少し意地を張りすぎました、でもショックだったんですよ、(たぶん、ここでもう一度謝ってこられるはず)じゃあ、正直に答えてほしいんですけど……
『この浴衣、どう思います?』
 ――これでは、質問が抽象的すぎるか。
『浴衣、可愛いでしょ?』
 ――いやいや、ちょっとそれは、どう返事されても恥ずかしすぎる。
『似合ってます?』
 ――これぐらいが無難かもしれない。
 
 余計な事を考えているうちに、志紀の胸はどんどん鼓動を早めていった。どう言おう、いつ言おう、そうぐるぐると悩んでいる間も、朗は神妙な顔で、訥訥と弁解を吐き出している。
「……浴衣姿が、パターンマッチングの候補に入っていなかった。だから、探せなかった。だいたい、他の女と君を見間違えたりするもんか」
 僅かに視線を逸らせた朗の頬が、少し赤みを帯びているような気がして、志紀の体温が一気に上がった。
 どうしよう、このまま抱きついちゃってもいいだろうか、と、考えた次の瞬間、朗がダメ押しとばかりに自身の発言をまとめた。簡潔に。非常に簡潔に。
「……そう、見間違えたんじゃない、見えていなかったんだ」
 
 
 ……どうやら、仲直りにはもう少し時間がかかりそうである。
 
 
 


 電子書籍版「撞着する積木」購入特典SS、二つ目をお届けします。
 今回は、拍手でいただいたリクエスト「プンスカする志紀ちゃん」をものしました。リクエスト主さま、これでいかがでしょうか。

 実は、もう一ついただいているリクエストが、「先生が志紀のご機嫌を損ねて、お預けをくらうようなエピソード」なのです。なにこの素晴らしいシンクロニシティ。
「おろおろする先生が見てみたい」
「本編では先生が志紀を振り回しまくって、志紀を困らせていたので、ぜひとも先生を困らせてほしい」
って、皆さんSなんだから。あ、Sというのは、素敵の頭文字ですよ、念のため。

 では、最後のSSは、今回の続き、朗先生の煩悶っぷりを楽しみにしていてください。
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/722-52b6752d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします