未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

空へ


 帰宅ラッシュも落ち着きつつある、乗り換え駅のホーム。
 あくびを押し殺しながら、鞄からスマートフォンを出し、ツイッタに繋ぐ。画面を素早くタップして、『今から帰宅ー』と入力。これが彼の日課の一つだ。
 ――早く帰ってこい? って、お前、誰?
 自分宛のメッセージかと思いきや、どうやらそうではないようだった。『あと三時間』『頑張れ』『待ってる』そういった発言が、画面を次々と流れてゆく。どうやら、何人もの人間が、誰かの帰りを待ちわびているらしい。
 皆、一体誰を待っているんだろう。彼は不思議に思って、関係有りそうなアドレスをタップした。
 
 
 子供を寝かしつけ終わって、一息ついて、夫の帰宅までネットサーフィン。と、上機嫌で行きつけのサイトを回っていた彼女の手が、止まった。
「誰が七年ぶりに帰ってくるんですって?」
 ためしにリンクをクリックすると、理系アレルギーを発症しそうなページに行き着いてしまった。慌ててページを戻ろうとするが、ふと、可愛らしいイラストが目に止まって、彼女は少し落ち着きを取り戻す。
「子供向けのページがあるのかしら」
 つい先日、幼児教育の話でママ友と盛り上がったところだった。何か良い情報があれば皆に教えてあげられるかも、と、彼女はおそるおそる『冒険日誌』の画像をクリックした。
 
 
 いよいよ、だなあ。高鳴る胸をそっと手で押さえ、彼女はパソコンの前に座った。
 もう小学生は寝る時間だ。先生が代わりに最後まで見ておくから、皆はきちんと早寝早起きだよ、と約束したものの、何人かの顔は、夜更かしする気まんまんに見えた。「あいつらだけズルイ」と他の生徒から文句が出ないよう、せめてその瞬間をプリントアウトして、明日学校に持って行こう。
 春の遠足で科学館に行って以来、教室の後ろに掲げられていたカウントダウンの数字。それがとうとう今日、ゼロになった。
 ――テレビで中継してくれたら、楽だったのに。
 唇を尖らせながら、彼女は画像ソフトの準備を始めた。
 
 
 ケータイの画面に表示された名前に、彼は首をかしげもって、しぶしぶゲーム機を置いた。電話嫌いの父親が、こんな夜更けに一体何の用だ、と。
「もしもし」
『ネット見ろ、ネット。中継やってるぞ』
「野球?」
『野球なわけあるか。和大だ、和大』
「話題?」
『和歌山大学だ。ああ、もうこんな事している場合じゃない。切るぞ』
「はぁ?」
 明日は午後まで授業が無いから、このゲーム一気にクリアするつもりだったのに。文句を垂れつつも、彼は律儀にパソコンの電源を入れた。
 
 
 
 読む。
 知る。
 辿る。
 追う。
 待つ。
 待つ。
 見つめる。
 見上げる。
 目を凝らす。
 祈る。
 祈る。
 見守る。
 祈る。
 待つ。
 祈る。
 祈る。
 祈る……。
 
 
 暗闇にぽつんと現れたひかりは、みるみる輝きを増して夜空を翔ける。
 2010年6月13日、まばゆいきらめきとともに、はやぶさは故郷の大気へと還っていった。
 
 
 



 小惑星探査機「はやぶさ」帰還、一周年記念の掌編です。
 はやぶさ君に焦点を当てようとしたら、舌足らずで中途半端なドキュメンタリーにしかならず、擬人化にトライしたら、凄い勢いで違う世界にいってしまったので、自分の身の丈に合わせて、迎える人々を書きました。

 回線の調子が悪くて、苛々しながら和大に繋げていたなあ、とか、ツイッタまだ始めてなくて、はやぶさ関係の呟きの見方がイマイチわからなくて困ってたなあ、とか、なんだか遠い昔の事のような気がします。
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/645-f2dfb6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします