未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

10/17までの拍手

 この週末、色々取り紛れてほぼ一ヶ月ほどご無沙汰だった空手の稽古に行き、足の裏にマメと、両腕に打ち身を作って帰ってきました。へなちょこ紫帯のGBです。今年の昇級審査、受けられるのだろうか……(無理だと思います


 毎日拍手をありがとうございます! むっちゃ嬉しいですv
 パチも連打も、メッセージもありがとうございます!

10/16
>相 さん
 熱いメッセージ、しっかと受け取りました! ありがとうございます!
「積木」と「黄昏」とでは先生のポジションが180度違いますから、そういう意味ではとても読み辛いと思います。それでも続きを楽しみに読んでくださっているという事が物凄く嬉しいです。
 それにしても、ノート……気になるなあv

「積木」の後日譚についてですが、今、掌編を一つ書いている途中です。何とか今月中には公開したいと思いますが、忙しかったり、家人の目を気にしなきゃならなかったり、なかなか作業が進みませぬ。どうか気長にお待ちください。


 で。
「撞着する積木」の大学生篇のネタをねっていて、本編との方向性の違いに作者ながら悶絶してしまっているところです。
 それまでの「先生と生徒」という枠組みを外れてしまった事でお互いの立ち位置が変化し、その結果、二人の関係も、じわじわと変わってきているのですよ。
 そうなれば、物語の雰囲気も変わってきます。テーマも全く別のものになるでしょう。

 変質してしまった物語を、元のイメージのままで書こうとするから、ただでさえ遅い筆が、更に鈍る事になるんだな、と、最近ようやく思い至りました。
 ならば、切り離してしまう、というのも一つの手段だなあ、とも。

 中途半端に「後日譚」として本編にぶら下げておくよりも、「続編」として別シリーズを立ち上げた方が、書くのも楽だろうし、読むほうも便利なんじゃないかなあ、と思うのですが、どうでしょうか。
 先生と生徒のハラハラは好きじゃないけど、大学生と社会人のラブラブは読むよ! って人もいるかなー、とかね。

 と、後日譚をこそこそと執筆しつつ、色々悩んでいるのでした。
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/591-c782a4fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします