未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

ヘッセルさん

 今週末、久しぶりに山で一泊してくる予定で、ブヨ対策にポイズンリムーバなるものを買いました。
 モノ自身は使った事もあるのですが、パッケージを見るのは初めてでして、店先で箱の裏面見て、ちょっと絶句してしまいました。この驚きというか感動をここで吐き出させてください。

 先ずは、予備知識。
 ポイズンリムーバというのは、毒のある虫に刺された時に使う道具で、原理は注射器の逆バージョンです。皮膚に当てて、ピストンを引っ張って、シリンダの中を負圧にして皮膚の中に入った毒を吸い出す、というものなんです。

 で、そのパッケージの裏というのが、これ。↓
poison remover
 文字、潰れてないかな。読めるかなあ。

 1コマ目、開発者のヘッセルさんのお写真です。虫に刺された不快感を軽減する方法を考えました、との事です。

 2コマ目、「この試験管に生きているハチが入っていますが、蚊でもその他の昆虫でもかまいません。」

 3コマ目、「次にこの試験管をひっくり返し手の上に乗せると昆虫は私を刺し毒を注入します。」 Σ(゚Д゚;)

 4コマ目、「ポイズンリムーバーを刺された部分に当てレバーを持ち上げ注入された毒を吸い出します。」


 これ……、1コマ目のヘッセルさんの自己主張は仕方が無いとしても、2コマ目と3コマ目、要らなくない?
 ていうか、むしろ4コマ目の後にもう少し説明があってもいいんじゃない?

 虫に刺されたところからスタートして、こうやって使ったら、こういう風に効果があるんだよー、ってそれで説明は充分だと思うんですよ。大体、1コマ目で「(虫に刺された時の)不快感を軽減する方法を考えました。」って前フリしているのに、いきなり不快感の与え方から説明しなくても。それも微にいり細にうがって。
 一瞬、試験管とか蜂とかも同梱されているのだろうか、と商品の購入をむっちゃ躊躇ってしまいました……。


 とまあ、インパクトのあるパッケージはともかく、いざという時にとても便利な道具ですので、アウトドアレジャーにオススメですv
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/541-1d4ec24d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします