未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

5月22日のweb拍手

 振り仮名表示について、昨夜遅くに拍手メッセージをいただきました。

>最後へ向かって緊迫感があるのはいいんですけど、途中途中

 ……そうなんですよ。書いている私も実は、物凄く雰囲気ぶち壊しだなあと思っていてブルーなんです……。
 ブルーなんですが、私のわがままから、どうしても振り仮名って必須なんです。ええ、親切心なんて良いものじゃございません。作者の わ が ま ま です、はい。

 例えば「埋もれる」ですが、場合によって「うずもれる」と読ませたかったり、「うもれる」と読ませたかったりするわけです。音の並びを気にして文を綴っているため、読者の方には、是が非とも私が読んで欲しい読み方で読んでいただきたく思っているのです。
 それで、半ば偏執的に振り仮名を打ち続けている、という有様です。
 自分が知っているからってレアな単語を使ったりもするので、他の人には読み辛いだろう、と配慮している部分も確かにあります。でも、一番の理由は「読み間違えて欲しくないから」なんです。

 でも……、本当に、振り仮名って邪魔ですよね……。
 最近はすっかり諦めてしまっていて、その邪魔さ加減にも結構慣れてきた私ですが、こうやって改めてご指摘を受けると、やっぱり考えさせられます……。

 RUBYタグを使えば良いじゃん、という声がどこからともなく聞こえてくるような気がします(苦笑)が、私が普段使っているブラウザがネットスケープなので、そしてRUBYタグはネットスケープでは対応していなくて、なんとなく二の足を踏み続けていました。
 大多数の閲覧者が、IEをお使いだ、とは解っているのですが、つい。

 でも、やはりクライマックスの盛り上がりを「萎え」させてしまうという事は、読み間違いと同じぐらいかそれ以上にツライので、思い切ってRUBYタグ使用に踏み切りました。
 どうでしょう? これで随分、マシになった……と思うのですが。

#もし宜しかったら、「マシになったよー」とポチってくださいー。
#いえ、勿論、「前と全然変わらんよ」とか「前の方が良かった」でもいいです。忌憚無い意見を是非ともお聞かせください!


 ルビ表示についての四方山話は、「ネスケでもルビ表示!」に続きます。
 このエントリは、サイト構成について客観視の手助けをしてくださった、拍手メッセージに多大なる感謝を捧げて、〆たいと思います。
 ありがとうございました!
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/158-0a03fdf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします