未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

VTuber夜見ベルノさんに読書実況していただきました4

 去年12月の出来事なので今更と思われるかもしれませんが、VTuberの夜見ベルノさんに「九十九の黎明」(カクヨム / なろう)を読書実況していただいたレポートです!
 前回、ぷち実況枠で読んでくださった分の続きとなります。

 12月からこっち、ホント忙しかったり体調崩したりでブログ書く精神的余裕が全然なかったからね……でも、ツイッタはログが流れていってしまいますし、そもそもツイッタしておられない方にも是非お知らせしたくてね……どうか広い心でお付き合いくださいませ。

 ベルノさんに読書実況していただいたのは今回で四回目です。記事に新しく「読書実況」のタグを設定したので、過去の記録は上部メニューバーの「小説別アーカイブ」(これがタグ一覧表示になっています)か、記事末尾の「▸読書実況」でご覧になれます。



【読書実況・積読崩し】 九十九の黎明【 Mi→RiSE / #夜見ベルノ】

 前回は「謎の囁き」を読んでくださったので、今回は2ページ目の「秘伝の書」からです。

 赤い瓦というのは、ベルノさん自身が仰ったようにいわゆる西洋瓦というやつですね。

 殴るという愛情表現w 「殴るわよ」なんて言ってますが、せいぜい後ろ頭をペシンとはたくぐらいで、シモンも「ありがとうございます」ってヘキは持っていないので、ご安心?くださいww

 初登場、ミロシュの貫禄ある声
 そしてイケボのオーリ再び! そう、正確な地図は軍事機密になってしまうんですよね。

「驚いた顔はできるんだ」……ここの声音というか声の調子が最高でしたw
 そのあとの「三日間も……」のあとの察しの良さ…… (*´艸`*)

 ベルノさんもリスナーさんも見事に伏線を、それも回収時に「あの時のアレは!」となるというよりも再読してやっと「これは!」と気づくレベルのものを気にしておられて驚きました。思わせぶりなネタに関しても、ものすごく鋭いコメントをされていて、読解の精度の高さにただひたすらに感服します。

 何人かの方が楽しみにしてくださっていた「胡散臭い魔術師」の登場は、残念ながら時間切れとなってしまいましたが、かの人物の勿体ぶった性格にぴったりというか、オチ要員の面目躍如というか、どこまでも美味しいキャラだな、なんて思いましたね。
 
 いやもう本当にとても楽しい時間を過ごさせていただきました。ベルノさん、ありがとうございました!
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/1109-18374e78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします