未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

私の小説が入試問題に使われました!

 なんと、『京都であった泣ける話』に書き下ろした短編「しづ心なく」が、私立中学の入試問題に使用されました!

 使ってくださったのは、大阪にある高槻中学です。今年一月に行われた入学試験で、国語の大問1問が丸々拙作を用いての出題でした。
 この短編、文庫本では全部で15ページあるんですが、その4ページ目から最後までがドーンと問題用紙に掲載されました。

 入試問題という重要なものに使っていただけたこと、とても光栄です。
 過去問として来年以降の受験生のお役に立てることも嬉しいです。
 数多ある小説の中からこの「しづ心なく」を選んでくださってありがとうございました。


 ツイッタや拍手で幾つか質問をいただいたので、経緯を簡単に記しておきます。
 著作権法上、試験問題としての複製は許諾を得ずに行える(第36条)ということで、事前連絡などはありませんでした。そもそもそんなことをすれば、試験問題の漏洩が起こり得ますし。
 今回、『京都であった泣ける話』のマイナビ出版さん経由で、学校別過去問題集を出す出版社からご連絡いただき、高槻中学の入試に使われたことを知りました。問題集の出版は、試験が目的ではないため使用に許諾が必要なのですね。

 連絡を受けた直後は、何かの間違いでは????なんて思ったんですが、いただいたPDFに目を通すうちにじわじわと実感がわいてきました。すごい、本当に私の小説だ……「傍線部はどういうことですか。二十字以内で説明しなさい」とかある……間違いなく国語のテストだ……しかもむっちゃボリューミーなやつ……これ本文を読むだけでも大変だったんじゃないかな……。

  筆が遅くて自分でも嫌になることがしばしばありますが、めげずに細部の細部まで魂を込めて書いた甲斐がありました。感無量です。


(2022/9/28追記)
 高槻中学校のサイトにて、今年度の入試問題が公開されていました。
「しづ心なく」はB日程の国語の二問目です。来年春までの公開なので、興味のある方は今のうちにどうぞご覧になってください。
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/1065-7a03dac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします