未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

2021/9/19の拍手(大変遅くなってしまいすみません!)

 FC2拍手、メール通知を受け取る設定にしているはずなのですが、迷惑メールに振り分けられてしまったのか手元に届かず、昨日に管理画面で初めてコメントいただいていたことを知った次第です。お返事が大変遅くなってしまいました。申し訳ありません!

#このメアド、長年使っているからか迷惑メールがものすごく多いんですよね……。昨日の日付の分だけで24件ありました。

 コメントくださった方、もう憶えておられないかもしれませんが、質問の部分だけでもお答えいたします。

>背筋 にふりがなをふっている理由

 これは、「たとえ一瞬でも『はいきん』と読まれたくないから」です。
 難読漢字ではなくても、読みが二通り以上あるもので読み間違えられたくないものにはルビを振るようにしています。これまでも、例えば「扉が開(ひら)き」は、「あき」と読まれるとちょっとリズムが詰まってしまうな、という場合にはルビを振っています。別にどちらで読まれても構わない、って箇所にはルビは振っていません。
 ほかの例としては、「ひとけ」は漢字の字面が強すぎてルビでは間に合わないような気がして平仮名で書くようにしています。「じゅうぶん」は当て字の「充分」一択ですね。

>知った口をきく

「利いたふうな口」は、使われている漢字から「気の利いた」とか「利口そう」なニュアンスが入るような気がして(あくまでも個人的な感覚の問題です)、そちらよりは「知ったふうな口」のほうがこの場面では適切かな、と思ったのでした。で、粗野なおっさんの台詞だから、口語の「知った口」でいいかなー、と。
 確かに、正しい文章としては「知ったふうな口」ないし「知ったような口」が適切ですよね。こんな箇所で読む人に引っかかってもらいたくはないので、おっさんのIQをちょっと上げて「知ったような口」に訂正しておきます。
拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/1060-0146b373
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします