未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   

創作関係の呟き:副助詞の「は」と格助詞の「が」

 ここ一箇月ほどのツイッタまとめです~。

* * *

 RTで回ってきたアンケートの、
佐藤はテーブルに着いた。佐藤の右側には、鈴木が座っている。
母家の右側には、小屋が建っていた。
という文章において、それぞれ「鈴木の位置」「小屋の位置」はどう読み取れるのか、という件に関して、
その1の文章は「佐藤【は】テーブルについた」で始まり、ここでは副助詞の【は】が使われています。
その2は「母家の右側には、小屋【が】建っていた」と、格助詞の【が】が使われています。
この副助詞「は」と格助詞「が」の使い分けについて記した、情報処理学会の研究報告書があります。(続く→
引用ツイ>twitter.com/nanigashitter/…
posted at 2021/3/2 07:48:22
→続き)
『日本語のガ格に対する副助詞「は」の使用の推定』
ipsj.ixsq.nii.ac.jp/ej/?action=pag…
P6より引用
***
対象の"高倉"に対して,「が」を使うと事実を淡々と述べるという印象を受け,「は」を使うと,この文で場面の主題が"高倉"に固定され,以降これを中心に話が展開するという予測ができる.
***
(続く→
posted at 2021/3/2 07:51:41
→続き)以上を踏まえると、
その1の「佐藤【は】テーブルについた」では場面の主題は佐藤に固定され、「彼から見た右側」の印象が強くなり、
その2の「母家の右側には、小屋【が】建っていた」では視点が外部に置かれ、「向かって右側」という印象が強くなる、と思われます。
posted at 2021/3/2 07:57:57
言うて、前後の文章で三人称の視点をどこに置いているかによって受け取り方は変わってくるだろうし……。実際に小説を書く際には、左右ややこしそうだな、と思ったら、「誰々から見て右」とか「向かって右」とか付け足したらいいんじゃないかな……。
posted at 2021/3/2 08:07:36
 副助詞の「は」と格助詞の「が」は、ちょっと意識して書くだけでカメラワークを格段に滑らかにすることができる、ということを、十年前の電子同人誌企画の校正で教えていただきました。それまでは私も、野生の勘でなんとなく使い分けているだけだったんですが、何がどう違うのかが明確になったことで文章を綴るのがものすごく楽になりましたね。その節はありがとうございました!


表記ゆれ指摘していただけるの、本当にありがたいです。状況によって表記を使い分けているつもりで、「ここは変換ミスでした」って修正したことが何度かあります……(勿論、敢えて表記を使い分けているところは、そのまま通していただきました)
引用ツイ>twitter.com/fujimula/statu…
posted at 2021/2/21 11:54:39
例えば。清潔とか整頓されているとかいう場合は平仮名で「きれい」って書いているんだけど、キラキラ美しい場合は「綺麗」って漢字を使いたいわけなんですよ。で、そうやって細かく使い分けて悦に入っているところに、スッと紛れ込む変換ミス……恥ずかしぬ……けど指摘していただけて本当に良かった。
posted at 2021/2/21 12:04:41


「ゆふいん文学の森さん、ほんと素敵な雰囲気のカフェだなあ」って思いながら動画を見てたら、製本版九十九もチラッと写ってた!ワーイ!

OAB:#oitagram【ゆふいん文学の森-碧雲荘-】・Challenge!【リモージュファーム 濱原健さん】 | 動画 | おんせん県おおいた!ちゃんねる www.onsenkenoita-ch.com/oab/detail/3546
posted at 2021/2/19 17:25:08
ほら、立ててある本の一番端っこ! ◝(⁰▿⁰)◜

posted at 2021/2/19 17:30:46
これはこういうことなのです。
大分県の泊まれるブックカフェ「ゆふいん文学の森」さんに製本版『九十九の黎明』を置いていただきました。地図屋の少女と、少女の師匠を追う剣士と魔術師との、禁じられた知識を巡る冒険譚。人知のありようを探る長編ファンタジーです。購入を希望される方は blog-imgs-77.fc2.com/g/r/e/greenbee… までどうぞ!
引用ツイ>twitter.com/bungaku_mori/s…
posted at 2019/12/28 22:32:04

posted at 2021/2/19 17:32:07

拍手
 

同じカテゴリの記事

 

コメント

コメントの投稿

※スパムコメント対策実施中。メールアドレス及び「@」は入力しないでください。
 ブログ管理者以外には秘密にする

トラックバック

TrackbackUrl:https://greenbeetle.blog.fc2.com/tb.php/1027-90e009be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします