未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2019年 12月の記事
2019/12/31
創作話] バディ語り@九十九の黎明 
2019/12/30
創作話] 封印されしいにしえのノート 

バディ語り@九十九の黎明

 創作に関する今年一年の振り返り記事を書こうと思ったんですが、年越しに間に合いそうにないので、それらは新年のご挨拶の時にあらためて記すとして、代わり(?)に先日のツイートをまとめておきます~。

バディビンゴ やってみた。
該当数は同じなのにそれなりにバラけたな。
九十九の黎明


posted at 2019/12/10 08:51:47
オーリの「なんでもはなせる」にチェックが入っていないのは、余計な気苦労をモウルに背負わしたくないから。モウルがオーリに「なんでもはなせる」にもかかわらず「いえない秘密がある」のは、自分の言いたくないことは黙っていたいから。
posted at 2019/12/10 08:57:12
オーリが「相手のために死ねる」と思っていることが、まさにモウルにとっての「相手の許せないところがある」に他ならない。
posted at 2019/12/10 09:01:08
そして二人とも、相手が怪我等で寝込んでいても、他にしなければならないことがあればそれを優先する。(特にすることがなければ、目覚めるまでそばにいるだろう)(第八章のアレとか)
posted at 2019/12/10 09:04:09
拍手
 

封印されしいにしえのノート

 物書き仲間のフォロワーさんが、執筆の際に実際に使用していたメモやデータのプリントアウトを公開なさっていたのに触発され、そういや本棚の隅っこの書類入れに何か色々放り込んだままだったな、と中身をあらためてみたら、ラクガキや図書館で借りた資料のコピーに交じって、一冊のノートが発見されたのでした……。これは……これが……くろれきし……(グルグル目

プロット作成方法についての話題に便乗。ネタを練るのは私も頭の中でだけど、そのあとノートなど紙媒体は使わずテキストエディタに片っ端から打ち込んでいく。デジタルonly。メモ→プロット→シナリオ→小説と一つのファイルが進化していく。って、そういや以前にも呟いてた。
→「創作関係の呟き:プロット至上主義者?
posted at 2019/11/26 22:17:04
探したら大昔のプロットノートが一冊だけ残ってた。まだ自分のPCを持たず、普段はノートに手書きで、父親の一太郎で清書というか同人誌用の原稿を作ってた時代のやつ。色々恥ずかしいので解像度下げてますが、カオスなのは分かってもらえると思うw テキストエディタの便利さに慣れたらもう戻れない。
 

posted at 2019/11/26 22:18:31
一枚目のあみだくじみたいなやつは、複数の場所で展開する出来事の時系列を整理しようと頑張ってた形跡ですなw
赤ペンには深い意味はなく、シャーペンでの書き込みがごちゃごちゃしすぎてワケワカランくなったからというw
posted at 2019/11/26 22:24:12
 赤ペンでの書き込みがごちゃごちゃしてきたら、次は青や緑で書き込んでいったんだと思います……。
 嗚呼、削除挿入自由自在なデジタル媒体の便利さよ。
実は恐ろしいことに、このプロットノートにいつぞやの「発掘ぽえむ」の原本が挟まっていましてな……一太郎で印刷したやつじゃなくて、ノートに手書きの……しかも、以前見つけた六篇だけじゃなくて、たぶん誰にも見せたことのない、もっと痛々しい……(SANチェック失敗
posted at 2019/11/26 23:11:44
(とりあえず、既に公開している一篇の現物写真をどうぞ)(一周回ってもはやネタ)
発掘ぽえむの現物
posted at 2019/11/26 23:17:25
 ↑これをテキストデータ化したのが↓これです。
ちなみに私の現存する最古の黒歴史は高2の時のぽえむです。「思春期あるある」過ぎてつらいので、フォロワー限定公開にしてます。一周回ってもはやネタ。
発掘ぽえむ
posted at 2019/10/31 08:16:55


 以下は黒歴史ノートとは直接関係ないんですが、電子の海に消えたはずのプロットデータが残っていたので、一緒にまとめておきます。
で、最初のツイのブログ記事に戻るんだけど、この時に公開した九十九のネタファイルの、連載前のバージョンを発見したので privatter.net/p/2046807 に追記しておきました。物語構築中の試行錯誤の跡がちょびっとだけ見られます。ネタバレ対策にパスワードかけてますが、読了した方なら分かるはず。
posted at 2019/11/26 22:49:30
ネタファイルとはなんぞや、というと、参照用の設定ファイルみたいなものです。こういう。
→プロットファイルは存在しないけど、執筆中の参照用に設定ファイルは作ってある。設定ファイルの末尾には、本文に書き漏らしてはいけない重要な情報を箇条書きで並べておいて、本文で提示できた情報から順番に消していって、漏れが無いか確認してる。勿論、プロットの変化に合わせてこちらも修正する
posted at 2016/12/23 9:11
posted at 2019/11/26 22:54:31
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします