未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2018年 08月の記事
2018/08/07
創作話] 創作関係の呟き:結びの一行、書き出しの一行 
2018/08/05
書籍・電子書籍] 『Dawn of the Mapmaker』ができるまで 
2018/08/05
書籍・電子書籍] 『Dawn of the Mapmaker 1』発売 

創作関係の呟き:結びの一行、書き出しの一行

 忙しくて三箇月間まとめるの放ってあったけど、その間たいして呟いていなかった……。うん、忙しかったからね……。

#自作小説の最後の1行を晒す

風に揺れる木々の向こう、青い空が、どこまでも広がっていた。(九十九)
天空高く舞う鷲が、名残を惜しむように一声を上げた。(黄昏)
ぬけるような青空のもと、二人はゆっくりと学び舎に向かって歩き続けた。(積木)

この、圧倒的「空END」率の高さよ。
posted at 2018/4/25 08:28:35
はい、と力強く頷く声が、風に乗ってどこまでも吹き渡っていった。(天穹)
ホノカの頭上で、ふくらみ始めた桜の蕾がさやさやと優しく揺れていた。(薄紅)
ラグナは外套の裾をひるがえすと、物見の丘をあとにした。(紅玉)
ありがとう、そんな声が聞こえたような気がした。(月下)

準・空END?
posted at 2018/4/25 08:33:03
たぶん、最後の最後にカメラを引くのが好きやねんな、私……。
posted at 2018/4/25 08:34:37

逆に、書き出しの一文はどうなってんだっけ、って見てみたら、台詞やモノローグで入るものが多かった。一気に物語を開始させよう、って頑張ってるんだろうな。あとは、動きを出したい、とか、そういう。(何故か他人事のように)
posted at 2018/4/25 23:54:19
書き出し、って実は苦手で、毎回物凄く悩んでる。
この辺りのはちょっと狙い過ぎたかな。気に入ってるんだけど。

級友が、死んだ。(かえりみち)
お土産の詰まった鞄を抱え、一年ぶりに故郷の駅に降り立ったアルノルド・サガフィ少尉を出迎えたのは、幾つもの銃口と王都警備隊の制服だった。(帰郷)
posted at 2018/4/26 00:01:05
情景から入るタイプので、気に入ってるのはここらへん。

網の目のごとく絡まる無数の枝が、天を掴もうとその梢を必死に広げている。(積木)
まったき闇の中、幽かに浮かび上がる下草の影を慎重に踏みしめ、男が歩いている。(月下)
posted at 2018/4/26 00:03:49
雰囲気出すぞ! って頑張ったのがこのへん。掴みが成功しているか否かは解らぬ。解ってたら最初っからそういうふうに書くよ!

タカウの家に白羽の矢が立ったのは、小粟の実が頭を垂れ始めたころだった。(林檎)
竜ならざるこの身にも、どうやら逆鱗というものは備わっているらしい。(紅玉)
posted at 2018/4/26 00:07:54

「読みやすい」というコメントを、文章が平板だとか表現の幅が少ないといったマイナス評価として捉える人がいる、という冴吹さんのツイートを受けて。
副詞をどこに置くか、読点をどこに打つか。言葉がまとう細かなニュアンスは勿論のこと、文字そのものが持つ雰囲気も文脈に合っているか。音読した時のリズムは悪くないか。何か違和感を覚えさせる箇所は無いか。「読みやすい」と言ってもらえたなら、頑張った甲斐があったってもんです。
posted at 2018/5/13 21:33:25
何か昨晩に格好つけたこと呟いてましたけど、推敲途中で気力が尽きて、「なんやココ微妙に言葉の座りが悪いような気がするんやけど、もうええわ」って投げてしまうことも(特に趣味の原稿の場合は)ままあるので、生暖かい目で見ていただければ嬉しいです。
posted at 2018/5/14 08:40:29
投稿サイトから自分のサイトに転載するとか、製本するとか、リア友が「今読んでるとこ」と宣言してきたとか、そういった機会に冷静な頭で読み返した時に、間違いなく当該個所で引っかかるので、腹括って根性入れて頭ひねり直して修正かけてます……。最初から頑張れよ自分。
posted at 2018/5/14 08:48:34
商業の場合、不思議なことに「もうええわ」箇所周辺って指摘が入ることが多くて、結果として「もうええわ」と全面対決することになるというね。指摘というのも、文章に違和感がある、といった技巧上のものよりも、内容に関してが殆どなので、たぶん、精度の悪い文章には限界があるってことなんだろう。
posted at 2018/5/14 09:05:11

#私の小説は太陽月星隕石のうちどれですか
私も聞いてみよう!
(なんとなくだけど、結果が見えているような気がしないでもないような気がしないでもない……)
posted at 2018/5/16 21:06:28
結果出てました! 一番が星で、次が太陽。共通項は核融合ですね!(待って

夜空にまたたく無数の星々……宇宙の広がりも感じます(*´ω`*) 投票におつきあいくださった皆さん、ありがとうございました! twitter.com/typ1/status/99…
posted at 2018/5/18 00:13:44

@sousakuTL 某さんの、色恋沙汰を仮に想定しての「モウルは積極的で受動的、オーリは消極的で能動的」という分析が言い得て妙で、ちょっと感動している。
posted at 2018/6/13 16:23:53
@sousakuTL オーリが「愛したい」で、モウルが「愛されたい」ってのも、なんか、こう、すごいな……。自分が与えられなかったものを与えたい。自分が与えられなかったから与えてほしい。どちらも代償行動ではあるわけだけど、この差が、なんとも言えぬ……。
posted at 2018/6/13 16:32:19
@sousakuTL メイン三人については、恋愛関係は未設定で、敢えて深く考えずに置いてあるけど、こんなふうに色々と分析していただけるの、本当に作者冥利……っていうか、物語冥利に尽きます、ありがとうございます。
posted at 2018/6/13 16:38:01
@sousakuTL そういえば、本編も後半に入ればウネンの保護者感が出てくる二人だけど、こいつら一々対応が不器用だよなあ、と思ってたの、オーリは「構いたいけど構い方が分からん」から当然として、モウルは「構ってほしくて構ってる」からアレな感じになってしまってるのでは、とか考えてしまった。
posted at 2018/6/13 17:38:30


↓音が出ます。ボリュームが大きめなため、下部のコントロールバーであらかじめ調節してからご視聴ください
地図屋の少女と、少女の師匠を追う腕利き剣士と切れ者魔術師との、禁じられた知識を巡る冒険譚
「九十九の黎明」ncode.syosetu.com/n2761cz/
――それは失われた知識をめぐる物語。そして「家族」を、それぞれの居場所を探す旅。少女と二人の青年が探索の果てに手にしたものとは。

posted at 2018/5/12 22:29:31
 体調が悪くて何もできなかった時に、スマホの「Animoto」というアプリを使って見よう見まねで作った動画です。
 カクヨムコンの時に宣伝に使用する許可いただいたイラストを、使わせていただきました。皆さんありがとうございました!
拍手
 

『Dawn of the Mapmaker』ができるまで

 7/31に第一巻が発売された、「九十九の黎明」英語版『Dawn of the Mapmaker』について、「詳しい話(メイキング的なもの)を教えてほしい」と仰った方が何人かいらっしゃったので、これまで私が経験した電子書籍化や書籍化とは違う、ダイレクトリーな翻訳出版ならではの体験について二つばかり記します。
 
 
◆題名について
 
「九十九の黎明」の「九十九」という単語がもうイキナリ観念的なため、原題そのまま「Dawn of Tsukumo」が最初のタイトル案でした。「九十九」、字面で素直に訳すると「Ninety-nine」になってしまいますからね……。いや、それもある意味間違いではないのですが、言うなれば、きのこの山を「ビスケットだ」と紹介するようなものでしょうか。「Tsukumo」のほうは、きのこの山を「○×△(チョコレートの異国語)だ」って紹介するようなもの……んん……何を言っているのか自分でもよく解らなくなってきたぞ。

 ともかく。
 私は英語が不得手なため、言葉や文章の微妙なニュアンスがわかりません。英語圏の書籍市場の雰囲気や方向性も知りません。なので、タイトルの決定は編集部の皆さんにお任せすることにして、ダブルミーニングどころか三つも四つも色んな意味を詰め込んだ日本語のタイトルについて、詳しく説明させていただきました。
 その結果、「Tsukumo」の音の響きは捨てがたいが、より意味が通じやすい方向で、と、『Dawn of the Mapmaker』というタイトルに相成りました。
 ちなみに、このタイトル解説は、第二巻のあとがきに掲載される予定です。オタノシミニ!

 
◆行間のアレコレ

 普段から私は、登場人物のちょっとした仕草でその内面を表現するのが大好きで、「九十九の黎明」でも、明確に言語化していない感情を、隙あらば行間にぶっ込んでいました。
 登場人物が何を考えているのかはっきりと読み手に示したい場合は、その旨きっちりと文章として書き表しますが、最終的な判断を読者に託したかったり、自由に想像して楽しんでもらいたかったりする箇所は、あえて想像の余地を残して曖昧なままにしています。読者としての私が、こういうふうに行間にもぐって色々と思い巡らせるのが大好きなので、作者の立場でも、ついついその楽しみを求めてしまうんですね。

 で。
 例えば、「モウルは思わせぶりに微笑んだ」という描写があったとして、作者の私には、この時モウルが何を思って微笑んだのかという「答え」が確固として存在します。が、私ではない人間がこの文章を読んだだけでは、モウルの気持ちはなんとなく伝わってきても、明確に「何を考えているか」は分かりません。
 読者相手ならばそれでいいのでしょうが、翻訳していただくには、これでは情報が足りません。モウルが何か悪巧みをしているのか、構ってほしくて思わせぶりな態度をとっているのか、実は全然違うことを考えているのか、単なるポーズなのか。「知っていて書かない」のと「知らなくて書けない」のとでは、天と地ほど差があるというのは、自分が小説を書く時に嫌というほど実感していますし。

 そんなわけで、小説本文にWordのコメント機能で注釈をつけた原稿をお渡ししました。
 以下、ちょっと興味のある読者さんもいらっしゃるんじゃないかと思って、スクリーンショットをチラ見せいたしますね(>ωФ)b
(画像クリックorタップで原寸表示されます)

















 他にも、設定メモ(パス付きでぷらいべったーに上げたアレに、〈囁き〉と謎の声の詳細を追加したもの)をお渡ししました。それらの情報をもとに、〈かたえ〉や呪符、呪い師など、九十九独特の世界観を翻訳してくださいました。ありがとうございます!
 
 
 最後にオマケ一つ。
 今までの出版作は、どれも現代日本が舞台の物語ばかりだったため、イラストレーターさんに作画資料をお渡しする必要が殆ど無かったのですが(『呪い~』でスタイリッシュな作業服の写真を探しはしましたね……)、今回はファンタジー世界が舞台ということで、なかなか良い資料写真を見つけられず、こんな図解を用意しました。

 フリーハンドな曲線も見づらければ、書きなぐったような文字も見づらくてアレですが。ていうか、絵描きさんに対して字書きがナニ絵を描いて見せてんだ、って話ですよねHAHAHAHA!
(だって、解りやすくて見やすい写真が手に入らなかったんだよ……)
 もの久保様、素敵なイラストをありがとうございました!!! 第二巻以降もよろしくお願いいたします!
拍手
 

『Dawn of the Mapmaker 1』発売

 なんかもう色々なことがグワーっと押し寄せてきて、すっかりご無沙汰してしまいました。二箇月ぶりにこんにちは。
 なろうやカクヨムの管理画面も、先日やっとこさ覗きに行くことができたものの、追いかけている連載の進み具合に嬉しい悲鳴を上げています。ツイッタはリプライやDMに召喚されてはちょこちょこ覗いてはいましたが、見事なまでにピンポンダッシュで、気分はすっかり浦島太郎です。ていうか、ピンポンダッシュって意味が通じているんでしょうかね、地域性とか時代性とか。
 まだもうちょっとスケジュール的に油断ならない状況ではあるんですが、とりあえずお知らせにまいりました。
 
 7/31に、「九十九の黎明」英語版『Dawn of the Mapmaker』の第一巻が無事発売されました。


(※この画像は、出版社の許可を得て加工させていただいたものです)

 詳しい内容については、「書籍のご案内」のページにまとめてありますが、こちらにも現在の配信状況を記しておきますね。

Amazon JP
 日本円で購入可。874円(今のところ最安値です)
 Kindle端末が無くてもPCやスマホ用のアプリが無料でダウンロードできます。
BOOK WALKER
 日本円で購入可。850円+税
Kobo
 日本円で購入可。955円
Google Books
 日本円で購入可。1,090円
Google Play
 日本円で購入可。1,090円(1,211円から割引との表示)
Amazon USA
Barnes & Noble
iBooks

「実は英語話者なんですよ」という方や「英語大好き、洋書大好き」という方は勿論のこと、「英語は苦手で」という方も、日本語原作をとても忠実に訳してくださっていますので、英語の勉強にいかがでしょうか。九十九とMapmaker並べて「読める……読めるぞ!」とムスカごっこをして遊ぶこともできます。


 海外のサイトで幾つかご紹介いただいたので、嬉しがってご報告いたしますね。

Cross Infinite World Licenses Dawn of the Mapmaker Light Novel Series Anime News Network 2018/5/31
 Cross Infinite Worldさんの新シリーズ刊行のお知らせを受けて

Cross Infinite World: Dawn of the Mapmaker ENGLISH LIGHT NOVELS 2018/6/7
 上に同じく。

Light Novel Releases for July 2018 2018/06/29
 Justus R. Stoneさんによる新作ライトノベル紹介動画。11:12~13:29に『DAWN OF THE MAPMAKER』を紹介してくださっています(が、私の英語力では殆ど聞き取れない……)。

Dawn of the Mapmaker ENGLISH LIGHT NOVELS 2018/7/30
 日本語版について、「Completed, plus side stories」とまで把握されています。なんというまめまめしさ。

5 Things To Know About Dawn of The Mapmaker TheOASG 2018/7/30
 編集のA.M. Perroneさんのインタビュー記事。畏れ多すぎる作品名を引き合いに出していらっしゃったり、むっちゃ褒めてくださってたり、本当に光栄です……光栄です……。


 先々月に英語版発売のお知らせをした際に、「詳しい話(メイキング的なもの)を教えてほしい」と仰った方が何人かいらっしゃったので、のちほどその記事も上げますね。
(途中まで書きかけて、忙しさのあまり放置してましたん……)
(書きました。 → 『Dawn of the Mapmaker』ができるまで
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします