未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2016年 01月の記事
2016/01/30
いただきもの] イラストをいただきました 
2016/01/24
創作話] サイト九周年&キャラ化企画再び 
2016/01/18
創作話] 朗読&紹介していただきました 
2016/01/17
後書き] 「九十九の黎明」第四章「祈りの丘」 
2016/01/05
雑記] 昨年の振り返り&新年のご挨拶 

イラストをいただきました

 シリアスあり笑いありの読み応えあるファンタジー漫画「BLUE HERITAGE」を連載しておられる、創作漫画サイト「瞑想中」の管理人、のゆさんが、「九十九の黎明」のメインキャラを描いてくださいましたァぁあああー!

 小説家になろうの活動報告でもご紹介させていただきましたが、許可を得て、サイトの頂き物ページにも飾らせていただきましたv
 口下手で苦労性な剣士と、饒舌で胡散臭い魔術師と、ツッコミ体質の主人公……という各キャラの特徴が、びっくりするほど見事に描き表されていて、嬉しさのあまり、何度も何度も見返してしまっています!

 人物の顔について、どうやら私は、具体的な目鼻立ちをイメージすることができないようで、自分でキャラ絵を描こうとしても、どう頑張っても点目と線目になってしまうんですよね……。雰囲気とか仕草とか表情の現れ方とか、そんな、もやーんとした映像しか、脳内で結べない、と。
 なので、もう、この絵を拝見した瞬間の感動といったら……!!

 のゆさん、本当に、ありがとうございました!!!
拍手
 

サイト九周年&キャラ化企画再び

 1月22日に、我がサイト「あわいを往く者」は開設九周年を迎えました!
 途中、サーバ引っ越ししたりサイト名変えたりレイティング変更したり、と色々ありましたが、これまでなんとか続けてこられたのは、ひとえに応援してくださった方々のお陰です! ありがとうございます!

 記念日にかこつけて、去年の夏の「リプした人を自分の世界観でキャラ化する」の第二弾を企画させていただきました。
 以下、ツイッタログの転載です。
@typ1 というわけで、九周年記念に再度 #リプした人を自分の世界観でキャラ化する をそうっと投げておきます。今までにリプのやり取りがあった方で、名前変えて実際に拙作 ncode.syosetu.com/n2761cz/ に登場させても構わない、という方限定で。先着五名様ぐらいまで。
posted at 2016/1/22 09:16:14
@typ1 今日一日ぐらいゆるゆると募集しておきます~。
posted at 2016/1/22 09:19:25

サイト9周年企画(って、そんな大袈裟な)に反応くださった方、ありがとうございました! 前回 greenbeetle.blog51.fc2.com/blog-entry-838… のあとで席を確保していた二名様と合わせて、四名様のキャラ化、承りました。じっくり練らせていただいて、今晩の更新後にでもツイートいたしますね。
posted at 2016/1/23 09:52:59

遅くなりましたが、 #リプした人を自分の世界観でキャラ化する いきまーす!
posted at 2016/1/24 00:26:31

@typ1 @nemu_tatibana はしばみ色の髪と瞳の呪い師。魔術を写しとって呪符を作る際に、触媒として彼女が木札に記すのは、単語一つ。「降ってきた」その言葉を使って短い詩を作るのが密かな趣味で、時に呪符の裏にそれを書くことも。 #リプした人を自分の世界観でキャラ化する
posted at 2016/1/24 00:27:02

@typ1 @doomsdayrag 赤茶色の髪とかち色の瞳の古道具屋。お客と見るや、商品にまつわる逸話を面白おかしく語ってくれる。調子に乗って、自分で勝手に創作した物語を古物に添加することもあるので、彼の店を訪れる際は要注意だ。 #リプした人を自分の世界観でキャラ化する
posted at 2016/1/24 00:27:45

@typ1 @sk_hollyhall 茶色の髪と青藍の瞳の、刀鍛冶の若奥さん。腕力が足りないため鉄は打てないが、鍛冶という仕事への愛は人一倍。また、園芸が趣味で、知らない人が工房の入り口を見たら、きっと花屋と誤解するに違いない。 #リプした人を自分の世界観でキャラ化する
posted at 2016/1/24 00:28:44

@typ1 @wanavi 砂色の髪と鳶色の瞳の、この世界ではまだ貴重品の眼鏡をかけた、家庭教師。有力者の屋敷に通って国語を教えている。彼女自身も裕福な家の出で、子供の頃から本に囲まれて育った。詩歌や文学について語りだすと止まらない。 #リプした人を自分の世界観でキャラ化する
posted at 2016/1/24 00:29:40

というわけで四名の方をキャラ化いたしました。イマジネーション任せに作成したため、本編に上手く登場させることができないかもしれませんが、その場合は番外編をお待ちくださいまし。
posted at 2016/1/24 00:42:47


 前回、キャラ化企画のお陰で、自分の脳みそだけではありえない化学反応みたいなものが起こりました。エピソードのためにキャラを用意するのではなく、キャラがエピソードを作り出す、面白さ。
 今回も、参加してくださった皆さんには、とても良い刺激をいただきました!
突然ですが、九十九の黎明、更新は明日以降になりますすみません! というのも、今朝のキャラ化キャラに反応してくださったお一方のイメージが「ここ!(ニュータイプ音」とばかりにヒュンと降ってきましてな、急遽シーンを一つ追加することにいたしました。これであの情報も無理なく提示できるかも!
posted at 2016/1/22 21:07:29
元々の案だと、とってつけた感が半端なくて、悶々としながら筆を進めていたのですが、うん、こっちのほうが断然いい。そんなわけで、明日更新目指してまた潜ってきます! キャラ化の詳細は、他の方の分と一緒に明日以降にツイートしますね。
posted at 2016/1/22 21:13:40
 ……2700文字加筆して、一シーン分修正したよ! 頑張った!

 他の方々のキャラについても、そのうちに本編か番外編かに登場させたいと思います。
 お付き合いくださいまして、ありがとうございました!
拍手
 

朗読&紹介していただきました

 以前「黒の黄昏」の一節を朗読してくださった守分さんに、またしても拙作を朗読していただきましたv ありがとうございますー!!
 今回お願いしたのは、「空へ」です。


【朗読】 GB様 作 『掌編集』より 空へ

 小惑星探査機「はやぶさ」帰還の一周年記念にものした、1300文字ほどの掌編です。
 穏やかで、とても雰囲気のある朗読に、ただひたすら感動です。自分の文章が、三倍ぐらい上手くなったような気すらしますね!←
 はやぶさを迎える人々の想いが静かに降り積もっていくさまが、胸に迫りきて、目頭が熱くなりました。
 皆さんも是非、守分さんの優しい語りで、2010年6月13日の夜を振り返ってみませんか。


 そして、もう一つ嬉しいことが!
 いつぞや、キャラ化キャラ企画でイラストを描いてくださったぽこにゃさんに、拙作を紹介していただきました!

 →「いいね下さった方の一番好きな作品挙げます2016

 年末にツイッタにてなんとも魅力的なタグを拝見して、ひゃっほう、とばかりに「ふぁぼ」……じゃなかった「いいね」をポチリさせていただきましたらば、こんな、こんな丁寧にご紹介してくださって……!
 しかも、「呪いの解き方教えます」「炒り豆をめぐる冒険」「紅玉摧かれ砂と為る」と、三作も!
 勇気とやる気を山ほどいただきました。ありがとうございました!


【関連記事一覧】
朗読していただきました:「黒の黄昏」
朗読していただきました:「楽園の手」
拍手
 

「九十九の黎明」第四章「祈りの丘」

九十九の黎明」、新章開始いたしました。第四章、「祈りの丘」です。
 物語の舞台は本格的に王都クージェへ移り、そこから更に、避暑先である高原の町パヴァルナへと移動することになります。

 これまでと違って、書き溜めがほぼ尽きたガチな自転車操業状態なため、「第四章は全○文字」とはとても言えませんが、第二章並の長さにはなるんじゃないかな……。一応、二日おきの更新を目標にしておりますが、どこまで続けられるか……オラわくわく……わくわくできない……orz

 第三章の第一次暴露大会を経て、若干歩み寄った感のある主人公達ですが、まだまだ明らかになっていないことも多いわけで、やがて訪れる第二次暴露大会までは、うっかりポロリされる秘密をちまちまかき集めていただければ。
 そして、この章から、いつぞやのキャラ化キャラがちまちまと登場することになります。物語のために生み出されたキャラクターとは逆に、キャラクターが生み出したエピソード、上手く生かせられるか、楽しみにしていてください。
 
 
(って、いいかげん、私は、自分で自分のハードルを上げてしまう癖をどうにかした方がいいと思う)
拍手
 

昨年の振り返り&新年のご挨拶

 あけましておめでとうございます!

 サイトを訪れてくださった方、小説を読んでくださった方、ご感想をくださった方、ツイッタなどで応援してくださった方、そして、書籍や電子書籍をご購入くださった方、昨年はありがとうございました!
 今年もよろしくお願いいたします。

 思い返せば去年の新年のご挨拶にて、

>「九十九の黎明」の連載を開始して、あわよくば完結まで持って行けたら

 などとふかしておりましたが、見事に半年以上ずれ込んでしまい、現在、全十二章予定の第三章後半まで進んだところです。
 実は、一年前の時点では、物語のメインストリーム部分のプロットと第一章のシナリオしかできていなかったんですよね……。そんな状態で、よくもバナーや目次ページを作ったものだ、と、我ながら思います……。
 で、作中で語るべき設定を、どういうエピソードに落とし込んでいけばいいか、うんうん唸って考えている最中に、降ってきたネタを、忘れてしまわないうちに、と勢いよく書き上げたのが、「紅玉摧かれ砂と為る」でした。
 その節は、痛重苦しい物語にお付き合いくださいまして、ありがとうございました……

「紅玉~」を書くために、「九十九~」の作業を中断することになったわけですが、「紅玉~」を書いたおかげで、ちょっぴりですが表現力がバージョンアップしたような気がしますし、「紅玉~」完結後に行ったキャラ化キャラ企画によって、エピソードに深みも持たせられたと自負しているので、回り道上等!

 ……またしても自分で自分のハードルを上げたような気がしないでもないですが。 orz

 あとは、商業のほうも、なんとか……ぼちぼち……。

 なにはともあれ、今年もよろしくお願いいたします!
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします