未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2015年 09月の記事
2015/09/26
創作話] 紅玉ネタのツイまとめ 
2015/09/03
創作話] 朗読していただきました 
2015/09/03
創作話] イラストご紹介 

紅玉ネタのツイまとめ

 そろそろ、ブログ一ヶ月未更新広告表示の気配が足元に忍び寄ってきたので、少し早いですが、ここらでまたツイッタの創作関係の呟きをまとめておきます。
 今回は連載完結後すぐということで、「紅玉摧かれ砂と為る」のネタばかりになりました。

備忘録の、黄昏の連載完結時にいただいたリクエストの中に「ラグナ※の恋バナ」があって、それに対して私は「悲恋のネタはあるのだけど、どうするべか」とコメントしてて、んで、今回そのネタを使って「紅玉~」を書いたわけだが、リクエスト主さんが期待していた方向性の真逆を行っている自信はある。
posted at 2015/8/6 22:34:18
(すみませんすみません)
posted at 2015/8/6 22:36:09

.@fluor_doublet さんの「アメリカ、コロラド州 Gold King 鉱山の鉱山廃水による水質汚染(+足尾の話)」をお気に入りにしました。 togetter.com/li/860720
posted at 2015/8/16 19:36:56
拙作「紅玉~」の主な舞台は鉱山の町なのだが、物語の焦点がぼやけてしまうのを嫌って、鉱害については敢えて描写しなかった。町の傍にある湖が、繰り返し言及される割に、完全に「風景」にしかなっていないあたりで、察していただければ。
posted at 2015/8/16 19:47:11
作中で、もうちょいがっつりと冶金について書きたかったけど(だって折角調べたんだし!)、頑張って必要な部品を取捨選択したつもり。つもりなんだけど……どうだろう……。(過去パートで、ラグナのかーちゃん(予定)がとーちゃん(予定)を坑道に案内する場面とか書きたかったんだけど我慢したw)
posted at 2015/8/16 19:55:53

ラグナさんの恋を花に変えると、紫水晶で作られた、いびつにねじ曲がった花になります。花言葉は『仮初めの恋』です。
shindanmaker.com/551728
posted at 2015/8/17 22:35:29
ウルスさんの恋を花に変えると、ルビーで作られた、ひっそりとたたずむ花になります。花言葉は『独り占めしてもいいですか』です。
shindanmaker.com/551728

神診断キタコレ!
posted at 2015/8/17 22:36:57
フェリアさんの恋を花に変えると、梅雨空の色をした、彼岸と此岸の狭間に咲いている花になります。花言葉は『憎めたら楽になるのでしょうか』です。
shindanmaker.com/551728
posted at 2015/8/17 22:38:47
 ↑ この診断メーカーのネタを使って書いたツイノベが、以下 ↓
@sousakuTL なんとしても彼女を手に入れたいと思った。ずっと手元においておけば、きっとそのうち、俺のために歌を歌ってくれるようになるに違いない、そう思って、紫水晶で作った籠に閉じ込めた。空を失った鳥が、いかに日々いのちを削ってゆくというのか、知りもせずに。
posted at 2015/8/20 00:13:35
@sousakuTL 手に入れられなかった、のではない。奪われた、のだ。彼女を失うまで、そのことに気づかなかった。ならば、最期に巡ってきたこの機会に、彼女を奪い返しても構わないだろう? 僕は懐からルビーの像をそっと出した。それがどういう結末を招き得るか、理解した上で。
posted at 2015/8/20 00:14:24
@sousakuTL これはちょっと黒過ぎるかな……。あくまでも、一つの仮説、可能性。だって、小説本編には何も明記されていないからね。ラグナが作中で想像したとおり、全力で彼女を守ろうとした、というのが真実かもしれないし、そうじゃないかもしれない。ふふ。
posted at 2015/8/20 00:22:04
 ……どこまでも性格の悪い作者ですまんのう(苦笑
拍手
 

朗読していただきました

 なんと、なんと、守分さんが、拙作を朗読してくださいました!!


【朗読】GB様 作 『黒の黄昏』より抜粋

 朗読していただいた箇所は、 『黒の黄昏』 第十四話「滴り落ちる闇」 五 崩壊、警備隊隊長と反乱団頭目が対峙するという、実に作者好みな中二的シーンです。
 物語の終盤近くということもあり、説明無くキャラ名が飛び交うため、未読の方にはちょっと不親切な箇所ではありますが、
「伊達に、陛下に叛旗をひるがえしているわけではない、ということか」
「飼い犬の分際で、大きな口を叩くな。俺を誰だと思っている」
……このやり取りを!音声で!聞いてみたくて!

 と、「朗読」というものの特性を全く理解しないままに、読んでいただくシーンを好き勝手に選んでしまったので、守分さんには、多大な苦労をおかけすることになってしまいました。同じような年嵩の野郎三人の会話がハイテンポで続くとか、物凄く朗読向きではない文章にもかかわらず、快く引き受けてくださって、いやもう本当に、ありがたいやら、申し訳ないやら、嬉しいやら、……嬉しい!

 もうね、自分の文章に音声という新たな色がついていくのが新鮮で、聞きながらつい顔がにやけてしまいました。同時に、文字とは違う臨場感に、何度も鳥肌が立ちました! 隊長はしっかり気障っぽいし、頭目はカッコイイし、手下の絶叫は真に迫っているし! うひょー!

 守分さん、ありがとうございました!


【関連記事一覧】
朗読&紹介していただきました:「空へ」
朗読していただきました:「楽園の手」
拍手
 

イラストご紹介

 先日の「リプした人を自分の世界観でキャラ化する」に関して、なんと、ぽこにゃさんが、「煙突掃除屋の少年」のイラストを描いてくださいました!!!



 かわいい! かわいい!
 楽しくキャラ化させていただいたばかりか、眼福までいただけるとは、なんという幸せ。
 あちこち煤で汚れているのに、表情が、雰囲気が、きらきらと輝いているのが素敵ですv 絵を描くのが好き、という「設定」が、見事に「人柄」となっているのが、素晴らしいなあと思いました。
(これは、少しでも早く連載開始できるよう、頑張らねば……!)
 とってもイマジネーションが刺激されました。ぽこにゃさん、ありがとうございました!
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします