未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2015年 01月の記事
2015/01/15
返信] ご報告&1/15までの拍手お礼 
2015/01/02
雑記] 昨年の振り返り&新年のご挨拶 

ご報告&1/15までの拍手お礼

 電子書籍「呪いの解き方教えます」が主な配信サイトに出揃って一週間が経ちました。
 おかげさまで、沢山の方に読んでいただけているようで、作者としてはひたすらホッと胸を撫で下ろしております。
 昨年12/29の携帯版どこでも読書恋愛小説週間ランキングで二位、12/31のhontoロマンス小説デイリーランキングで五位、そして、昨日1/14の携帯版パピレス恋愛小説デイリーランキングで二位をいただきました! 嬉しがってご報告いたします~ ヽ(´▽`)ノ*゜・。+
 遅筆で無名な上に王道キラッキラから外れた地味な作風という何重苦も抱えた私としては望外な結果です。ひとえに応援してくださった皆さんのおかげです。本当にありがとうございました!!
(1/17追記。なんと本日の携帯版パピレス恋愛小説デイリーランキングで一位になっていました! 重ね重ね、皆様にお礼申し上げます!)

 サイトの拍手も、いつもありがとうございます。その一クリックに「ヒャッホウ」と小躍りして喜んでおりますv
 メッセージもありがとうございました~v

1/14
>み さん
 ご購読ありがとうございます!! そうなんですよ、まさかの書籍化です。本当に、皆さんのおかげです……!
 書き下ろし分を気に入ってくださったこと、とても嬉しいです。頑張った甲斐がありました。久しぶりに高校生の彼らを書けて、私も楽しかったですv
「撞着する積木」については、内容に問題があって書籍化されなかったわけではありませんので、ご安心を。ええ、製本された先生……私も激しく見てみたいですね……でも、まあ、私がどうこう言えることではなくて……読んでくださった方のお声が出版社に届かないことには……はい。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします!
拍手
 

昨年の振り返り&新年のご挨拶

 あけましておめでとうございますー!
 旧年中はお世話になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 昨年の創作活動を振り返れば……

1月 「銀色の守護者」(ゆるゆるSF企画参加作)
 銀色だけど灰色と呼びたくなるようなオネエ(もどき)と第一種接近遭遇な物語。ネタを思いついて我慢できずに五日で一気に書きあげました。遅筆な私にしては超上出来です。

6月 「昔日の夕日」(「RはリドルのR」シリーズ)
 台詞だけ抜き出すと男と区別のつかない雛方光(ヒカリ)と、彼女に天敵認定されたお調子者の先輩・原田嶺が繰り広げる、時々謎解き、時々どつき漫才。夕暮れの公園でヒカリが見つけたのは、泣いている女の子と……。

7月 「うつしゆめ」書籍化
 電子書籍「うつしゆめ」を修正、書籍化。大学四回生にもなって未だ中二病を引きずっている猫かぶり優等生の、煩悶と救済(?)の物語。後日譚を二篇追加収録したお得版ですよ! と、ステ(ルスになってない)マ(ーケティング)。

8月 「薄紅まといて」電子書籍化
 サイト掲載作を電子書籍化。奥手を絵に描いたような美術部女子と、朴念仁が服を着て歩いているような弓道部男子の、読んでいてもじもじするようなじれったい学園恋愛物……に、若干の不思議要素を加えた、伝奇物です。

12月 書き下ろし電子書籍「呪いの解き方教えます」
 初恋の大魔王に呪いをかけられたエンジニア女子が、自ら白馬に跨って戦場を駆けぬけるオフィスラブ(まとめ過ぎた上に比喩が多過ぎてよく解らない説明)。初の長編書き下ろしです。

 ……こんな一年間でした。

 今年は、バナーや目次ページまで作った「九十九の黎明」の連載を開始して、あわよくば完結まで持って行けたらな、なんて大きな夢を抱いています。あと、「RはリドルのR」の続き、な。他にも、ネタだけは沢山抱えているので、順次物語にしていかねば。
 遅筆な上にマイペースでアレな人間で恐縮ですが、どうぞ今年もよろしくお付き合いのほど、お願いいたします。
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします