未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2014年 08月の記事
2014/08/25
返信] 8/25までの拍手 
2014/08/22
書籍・電子書籍] 電子書籍『薄紅まといて』配信開始 
2014/08/08
書籍・電子書籍] 「薄紅まといて」電子書籍化のお知らせ 
2014/08/07
創作話] 創作関係の呟き:校正と校閲 

8/25までの拍手

 目が……、目がァ……!!
 ……と、目がまわるぐらいに忙しい一週間でした。
「でした」とか言ってる場合じゃなくて、今月いっぱいはまだちょっと忙しさが続くような……((((;゜Д゜))))


 いつも拍手をありがとうございます! 励みになります~v

8/25
>八 さん
 読書バトンに反応してくださって、ありがとうございます。
 本好きさんが釣れた、と大喜びしておりますv
 自分が知っている本の感想を読むのも、知らない本のことを知るのも、楽しいですよね!

 よろしければ、【読書バトン】リンク集も是非ご利用ください、と宣伝してみたり。実はこれ、他の人の読書バトンを読みたいがために作ったリンク集なのです。
 NO BOOKS, NO LIFE !

 ……と、言いつつ、最近忙しかったり、目の調子が悪かったりで、全然本が読めていない私ですが……orz
拍手
 

電子書籍『薄紅まといて』配信開始

薄紅まといて(電子書籍)表紙 先日お知らせしたとおり、昨日より各電子書籍配信サイトにて『薄紅まといて』が配信開始されました。

『薄紅まといて』
 大学進学による別離が迫る中、弓道一筋で無愛想な彼氏に対して、素直になれずに悩む彼女。すれ違う二人の上に、早咲きの桜が影を落とす……。学園恋愛物+ちょっぴり伝奇物。
 文庫本換算117頁
 価格:\300+税
 表紙:篁ふみ

 配信サイト等の詳細は、こちらをご覧ください。

 サイト掲載時と比べて、物語上の大きな改稿はありませんが、細部に色々と手を入れました。自分で言うのもなんですが、かなり完成度が上がったと思います! (`・ω・´)ドヤァ
 そしてこの表紙! 篁ふみさんの美しいイラストを見ているだけで幸せになります……。

 初めてこの物語のことを知ったという方も、サイト版を読んだことがあるという方も、電子書籍『薄紅まといて』をどうぞよろしくお願いいたします。
拍手
 

「薄紅まといて」電子書籍化のお知らせ

 表題のとおり、このたび、パブリッシングリンクさんから「薄紅まといて」が電子書籍化されることになりました!
 詳細をこちらにまとめておきましたが、各配信サイトで販売が開始されるのは、8月21日の予定となっております。今しばらくお待ちください。(Kindleストアでは、もう予約が始まっているようですが、他のサイトでは配信当日まで表示されないと思います)

 で。
 かつて「撞着する積木」や「うつしゆめ」を電子書籍化していただいた際は、加筆や修正で電子書籍版の優位性を確保し、電子書籍発売後もサイト版を公開し続けることができましたが、今回の「薄紅まといて」では、それが叶わず……。細部に色々手は入れましたが、物語の大筋は変えようがなくてね……。内容が内容だから、サービスシーンを足すこともできんし……。
 そういうわけなので、非常に心苦しいのですが、試し読み部分として第一節を残して、本編を削除させていただきました。
 どうか悪しからずご了承ください。

 恋愛遊牧民Gにてレビューを書いてくださった、ともさん、折角のお言葉を削除することになってしまって、本当に申し訳ありません。今までありがとうございました。これに懲りずに、これからもよろしくお願いいたします。

 7/22に返信不要で拍手メッセージくださった、nさん、その節は「薄紅まといて」へのエールをありがとうございました。何度も読み返してくださっているとのお言葉に、胸が張り裂けそうになりました……。
 後日譚の「鏡にのぞめば」は、引き続きサイトで公開いたしますので、またゴロゴロ転がるホノカに会いに来てくだされば幸いです。


 配信日になりましたら、またサイトやブログ、ツイッタなどでお知らせいたしますね!
 どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
拍手
 

創作関係の呟き:校正と校閲

 一ヶ月って過ぎるの早いね……。

 このところ、創作脳の上位にあるフィクション脳が、「ハイキュー!!」一色で塗りつぶされてしまっていて、創作小説モードに頭を切り替えるのに四苦八苦しているGBです。
#明日から本気出す。

 さて、前回のブログ更新から一ヶ月が経ち、広告が表示されるようになってしまったので、ここらでまたツイッタでの創作関係の呟きをまとめて転載しておきます。

縦書き印刷すると、横書きのパソ画面の時とは文章のリズムが違って見えるみたいで、読点の位置とか三点リーダーの有無とか、ちょこちょこ手を入れたくなるなあ。で、そうやって修正した箇所を再度横書きで見ても、今度は全然変に思わないということは、そもそもから修正すべき箇所だったんだろうな。
posted at 2014/4/30 09:20:57
読点や三点リーダーに手を入れると、それに付随して助動詞や助詞も修正する羽目になったりね。キャラの動作等の繋ぎが微妙になり、ワンクッション入れてみたり、段落の分け方変えてみたり。エンドレス作業と思いきや、三回も読み返せば落ち着いてくるので、やはりそもそもから修正すべき箇所だ以下略。
posted at 2014/4/30 09:29:42
でも、流石に十万字超えをまるっと一気に読み通すとなると、途中から集中力が家出してしまうね……。だから、今書いてるのは、中盤超えたあたりから、時々息抜き兼ねて最初のほうを読み返して推敲しているんだけど、そうすると、書き進めるスピードは当然のごとく遅くなるわけでね……(遠い目
posted at 2014/4/30 09:42:23

「共同・協同・協働。その違いは?」 dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/2008/07/16/… "「共同」には「力を合わせる」という要素は必ずしもありません。「共同浴場」「共同受信アンテナ」は、べつに力を合わせて風呂に入ったり、電波を受信したりするわけではありません。" のくだりがツボったw
posted at 2014/5/15 12:10:00
「図書館で会いましょう」では略称だけ出してた海資研なる組織の正式名称を考えてぐるぐるしていたりする。既存のものと名前が被らないようにしなければ、と、無い知恵をしぼっているところ。複数の県による地方独立行政法人、という設定だから、どこかに「協同」って入れておけばいいかね……。
posted at 2014/5/15 12:21:45

歩きながら原稿のこと考えてて、ふと、あのくだりは「揺さぶられる」よりも「揺り動かされる」のほうがしっくり来るなあ、と、閃いたので、メモっとこう。
posted at 2014/5/23 09:45:18
そういや、ちょっと前に、サイトに載っけてる「夜風~」のビフォーアフターにマウスオーバーで修正理由が表示されるようにしたんだけど、「なんとなく」とか「語呂が悪いような気がした」とか、理由になっていない理由がちらほら出てきて、自分で笑ってしまった。
posted at 2014/5/23 10:05:35

現代が舞台の恋愛ものなのに、何故に章タイトルが「大魔王登場」だったり「白馬に跨ったお姫様」だったりするのか……(白目
posted at 2014/5/31 09:47:28

RT @smokeRDP: プロの校正者は小説のどこをチェックしているか tensi-no-match.info/order-proofrea…
posted at 2014/6/20 07:06:21
校正もだけど、特に校閲のチェックを受けると、まずパアッと視界が広がる感じがするんですよね。で、ワンテンポおいて「やっちまったー!」って頭抱えてゴロゴロ恥ずかしがるw そうだよね、雨音がうるさい上に窓越しじゃ声聞こえないよね、どうしてこうなった…(ノ∀`)アッチャー みたいな。
posted at 2014/6/20 07:23:43
プロの校正さんは「直すべき箇所」を教えてくれるわけだけど、かつて参加した「でんしょでしょ!」の校正スタッフさん達はそれに加えて、書き手という立場で「(自分だったら)直したい箇所」も教えてくれたので、これがかなり勉強になった。そこまで踏み込んだコメントって、普通はもらえないもんね。
posted at 2014/6/20 07:37:38
朝の校正校閲ツイ"書き手という立場で「(自分だったら)直したい箇所」も教えてくれた"について補足。「でんしょでしょ!」で教えてもらったのは「自分だったらこう直す」といった具体的な文章ではなく、「違和感を覚える箇所」「考えうる違和感の原因」「解決方法の一例」といったヒントでした。→
posted at 2014/6/20 20:40:04
→お手本の文章ではなくてヒントを貰えたのが、自分的に物凄く助かりましたん。強引に例えるなら、数学の問題の答えだけ教わるんじゃなくて解き方を教わる、って感じみたいな。数学と違って文章には「正解」が無いので、ちょっと不適切な例えのような気もするけど、雰囲気だけでも伝わればいいなあ。→
posted at 2014/6/20 20:46:14
→で、こうやってゲットした「解き方」は、今、むっちゃ役に立っています。校閲で指摘された問題点に対応する時は勿論、原稿を書いている最中に「あ、ここ、分かりにくい、ってツッコミ入りそう」と自分で気づける確率が若干上がったような気がします。(それでアレかというツッコミはナシの方向で!→
posted at 2014/6/20 20:57:42
→というわけで、最後に勝手にオリジナル小説電子同人誌「でんしょでしょ!」を宣伝☆ densyo.sblo.jp ダウンロード無料ですよー。
posted at 2014/6/20 21:01:52

最近、スペックは悪くないのに行動の端々が駄目駄目な野郎を書くのが楽しくてたまらない。
posted at 2014/6/26 08:12:08
「最近」なのか? というツッコミは、甘んじて受ける所存であります。
posted at 2014/6/26 08:12:40

読書を通じて得ることができた語彙、って、それが使われていたシーンの雰囲気といった、言葉に表せない「におい」みたいなのがまとわりついているような気がする。だから、偶に言葉の厳密な意味や使い方を誤解してしまってることもあって、今になって悶絶する羽目になるんだけど。ああああ恥ずかしぬ!
posted at 2014/7/3 13:24:52
でも、そういう「におい」ていうか「深み」?みたいなのが言葉に引っ付いてくるのって、個人的になんか楽しいと思ってるので、自分の小説を読んだ人にもそういう楽しさを味わってもらえたらなあ、と、マイナーな単語を織り交ぜて……というのは建前で、単に語彙が偏っているだけなんです。すみません。
posted at 2014/7/3 13:37:34

拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします