未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2014年 01月の記事
2014/01/22
サイト話] サイト開設7周年&アンケート設置 
2014/01/14
返信] 1/14までの拍手 
2014/01/10
後書き] 「銀色の守護者」 
2014/01/04
雑記] 昨年の振り返り&新年のご挨拶 

サイト開設7周年&アンケート設置

 早いもので、本日、我がサイトは7周年を迎えました。

 途中サーバ引っ越しや大改装などありましたが、なんとか無事に7年間もサイトを運営してこられたのは、ひとえに応援してくださった皆さんのおかげです。ありがとうございます。
 これからも、可能な限りサイトを続けていくつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 で、折角のラッキーセブン、何か特別な企画でも……と思わなくもなかったのですが、なにぶん色々と余裕が無くて……。
 以前から考えていたアンケートを、この機会に設置してみました。
 サイトに来てくださる皆さんに何かプレゼントするどころか、逆に「オラに力をわけてくれ!」とか、どんだけ厚かましいの……。

 と、まあ、何年経っても相変わらずこんなカンジで恐縮ですが、どうか生暖かい目で見守っていただければ幸いです。


 ところで、毎年サイト開設日が来るたびに、「○周年?」「○年目?」と年数の表記方法に混乱しては、なんとなく適当に流してしまっていたのですが、今回、きちんと調べてみました。
 大辞泉によれば、「周年」は「数を表す語について、年数の経過を数えるのに用いる語。まる…年。」とのことです。
「7周年」は、人間の「満7歳」と同じで、まる7年経過したという意味。そして、その直後から「8年目」に突入する、ってわけですね。ああ、スッキリ。
拍手
 

1/14までの拍手

 空手の練習にスキーときて、全身筋肉痛で〆た連休でした……。
 まあ、年末年始あまり身体動かさなかったしね! 多少の筋肉痛は仕方がないよね!(自分に言い聞かせている


 いつも拍手をありがとうございます! 読んでくださった方がいるんだ、と、心強く思っています。
 コメントもありがとうございましたー!

1/12
>ペ さん
 面白かったですか! やったー!
 かくいう私は、「BESCHWAスーツ」という言い回しに、じわじわと笑いのツボを刺激されておりますw
 この手のネタは、突き詰めると色々大変なので、なんとなーく、それっぽくまとめてみました。まさに「ゆるゆるSF」。あまり気負わずに参加できるのがいいですよね~。
 企画スタート当初からこの企画のことがずっと気になっていたので、やっと念願が叶いましたv

1/14
>け さん
 ツッコミありがとうございます! そう、突っ込んでもらって初めてボケは輝くのですよ……ヽ(´▽`)ノ*゜・。+☆キラッ
 これまで、大阪、奈良、神戸を転々としていたため、純粋な大阪弁になっていないかも、と思って、「関西弁」とぼやかしておいたんです。違和感がなくって良かったー!
 面白いと言ってもらえて、むっちゃ嬉しいですv 書いた甲斐がありました。
 こちらこそ、今年もどうぞよろしくおねがいいたします!
拍手
 

「銀色の守護者」

 五日前、ピキーン!とネタが降ってきて、そのまま一気に書きあげてしまいました。ゆるゆるSF企画参加作です。

「銀色の守護者」
 その時僕は、閉鎖されている筈の廃墟の扉がうっすらと開いていることに気がついた。脱力系(?)ゆるSF。400字詰め原稿用紙換算22枚。

 最初から最後までボケ倒しな物語ですので、ツッコミを入れながら読んでいただけたら。
 思いついたネタを、とにかく吐き出さずにはおられなかったんです。おかげさまでスッキリしました。ああ幸せ。
 これで、また明日から書きかけの原稿に集中できるというものです。って、我ながらちょっと言い訳っぽいな……。

 ノリと勢いで書いた、というよりも、ノリと勢いしかない、といった感じの物語ですが、楽しんでいただけたら幸いです。
拍手
 

昨年の振り返り&新年のご挨拶

 明けましておめでとうございます!
 サイトの小説を、電子書籍を読んでくださった方、コメントやメール、ツイッタでお声をかけてくださった方、本当にありがとうございました。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします!

 去年の創作活動を振り返れば、一月に「黒の黄昏」改稿、八月にRiskyTwenty2参加、書下ろし電子書籍「図書館で会いましょう」、十月に「でんしょでしょ!」最終号に「夜風は囁く」で参加、十一月にオンライン文化祭「アルノルド・サガフィの帰郷」と、こんな一年間でした。

 今年は、連載が止まっているリドルシリーズをもう少し進めたいなあ、とか、このあいだ思いついた一発芸的ライトファンタジーをものにしたいなあ、とか、オーリ&モールのシリーズ化とか、アルノルド&ロニーの後日譚とか、積木シリーズも動かしたいし、プロット組みかけて止まってる近未来サイエンスファンタジーもあるし、ネタばかりが積もり積もって、自分が五人ぐらい欲しい! と悶えているところです。商業活動にも力入れたいし。
 さて、どこまで実現することができるか、はなはだ心もとなくはありますが、自分にできる精一杯を頑張りたいと思っております。
 ふぁいとー!
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします