未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2013年 06月の記事
2013/06/30
書籍・電子書籍] 特典SSのパスワード解除 
2013/06/12
返信] 6/11までの拍手 
2013/06/05
後書き] 「相対する積木」シリーズ「残滓」 
2013/06/04
返信] 6/3までの拍手 
2013/06/02
後書き] 「相対する積木」シリーズ「天蓋」 
2013/06/01
後書き] 「うつしゆめ」後日譚「いっぷく」 

特典SSのパスワード解除

 電子書籍『撞着する積木』の合本版配信開始より一年が経過しましたので、以前ツイッタで予告していたとおり、当ブログで公開していた特典SSの三つのうち、「喧嘩」と「花火」のパスワードを解除いたしました。(残る一つは、レイティングの関係からこの先もパスワードを解除することはありません。どうか悪しからずご了承ください)

 パス解除したついでにサイトにも転載いたしましたので、サイドバーや背景画像に邪魔されず、小説本文に集中して読みたい、という方は、どうぞサイトをご利用ください。
拍手
 

6/11までの拍手

 ソファカバーを新調したら、座面をお猫様に占拠されるようになりました。
 ……そっか、お前、綿100%が好きなんか……。今度のカバーは寿命が短そうだな……orz

 さて。
 いつも拍手をありがとうございます! 励みになります~ヽ(*´∀`*)ノ
 メッセージもありがとうございました。

6/10
>け さん
 いつもありがとうございます~v
 そうなんですよ、彼はアレで結構お子ちゃまなのです……ふふふ。それに、なんだかんだ言って朗のことを尊敬してはいるので、そんなことになっていようとは、思ってもいないというか、思いたくないというか……。
 嶺は、とっても苛め甲斐のあるキャラなので、色んな意味で油断のならない未来が彼を待つことになるでしょう(にやり) 筆が遅くてすみませんが、「RはリドルのR」の更新をお待ちください……。
 そして、リクエスト。
>(絶対に)変わってない朗
のフレーズには、思わず笑ってしまいました。
 社会人志紀、いつかは書きたいと思っているので、どうかのんびりお付き合いくださいませ。
拍手
 

「相対する積木」シリーズ「残滓」

 えーと、最初にお断りしておきます。
 これ、新作ではありません。

 プロトタイプ版「撞着する積木」後日譚「陥穽」を、電子書籍版「撞着する積木」続編「相対する積木」の一篇として、改稿、改題したものです。

 主役の二人と、柏木陸と原田嶺。「撞着する積木」のラストにて一応は終止符を打たれたものの、微妙にスッキリしないままだった人間関係を、仕切りなおすためのエピソードとなっております。


 以下は、「陥穽」をご存じの方に向けての、改稿点です。
 まず、作中時間が、三月末から五月末へと変更されております。
「罠」は、どこかへ家出してしまいました。そのため、朗周辺の「毒」もすっかり薄くなってしまいました。
 サイトのレイティングに合わせて、ラブシーンは「朝チュン」に。


 ある意味、電子書籍版ダイジェストの「撞着」よりもずっとダイジェストっぽい短編に仕上がったと思います。
 これで、心置きなくシリーズを書き進めていけそうですv
拍手
 

6/3までの拍手

 いつも拍手をありがとうございますー!
 読んでもらえた証と、小躍りして喜んでおりまするv

 メッセージもありがとうございました!
 一か月ぶりだよ、うーれしーい!!

6/3
>け さん
 早速のご感想、ありがとうございますー! いやもう、私のほうこそ嬉しくてたまりませんv
 瀧氏、ちょっと口調がクドいかなあと心配していたのですが、受け入れてもらえてよかったです。朗とのかけ合いが、書いていて非常に楽しかったので、たぶん彼はこの先も登場することになると思います。
 そして、確かに志紀は強くなってきたかも……。あ、もしかして、朗がヘタレる一方なのか……?
 筆が遅くて申し訳ないですが、ちびちびと続きを書いていきたいと思っていますので、どうかこれからもよろしくお願いいたしますv
拍手
 

「相対する積木」シリーズ「天蓋」

 昨日に引き続き、チャリティ電子書籍企画「プロジェクトうりゃま」に寄稿した原稿の、サイト再録です。


「天蓋」tengai.jpg
 夏休み直前の週末、デートの行き先に志紀が選んだのは……。
「相対する積木」シリーズの一篇ですが、シリーズの他の話を未読の方でも問題無くご覧いただけます。
400字詰原稿用紙24枚(文庫本換算18頁)

 書き上げた当時のコメントは、「脱稿したよー」並びに「チャリティ電子同人誌「プロジェクトうりゃま電子書籍」販売開始」をご覧ください。

 大阪市立科学館ネタなのに、表紙に使ったプラネタリウムは、明石市立天文科学館のものだという……。
 だって、投影機の写真が明石のやつしかなかったんだよ……! しかも、ケータイで撮ったやつだったから、むっちゃ画像粗いし。

 そう、実は、「うりゃま」さんのチャリティ本では、私は自分で自分の小説の扉を作ったのです。
 折角なので、ここでお披露目させてください。
(実は、昨日更新した「いっぷく」も、サイトに扉を展示しかけたのですが、今一つページ構成がうまくいかなかったので、結局ブログ記事に貼りつけることにしました)
拍手
 

「うつしゆめ」後日譚「いっぷく」

 チャリティ電子書籍企画「プロジェクトうりゃま」に寄稿した原稿の、サイトでの公開許可が出ました。
 私は短編を二つ寄稿したのですが、とりあえずページが出来上がったものからサイトにアップいたします。


「いっぷく」ippuku.jpg
 今日は彼女の誕生日。準備万端で迎える柏木陸の、策士が策に溺れた物語。
「うつしゆめ」の後日譚ですが、未読の方でも問題無くご覧いただけます。
 400字詰原稿用紙30枚(文庫本換算24頁)

 書き上げた当時のコメントは、「脱稿したよー」並びに「チャリティ電子同人誌「プロジェクトうりゃま電子書籍」販売開始」をご覧ください。

 もう一つのほうは、たぶん明日以降になると思います……すみません……。
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします