未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2012年 05月の記事
2012/05/23
掌編] 「黒の黄昏」SS「キス」 
2012/05/20
サイト話] 「撞着する積木」プロトタイプ版を再公開いたしました 
2012/05/14
返信] 5/13までの拍手 
2012/05/07
返信] 5/6までの拍手 
2012/05/02
雑記] スーパーヒーロー大戦 
2012/05/02
返信] 5/1までの拍手 
2012/05/01
後書き] 「月下の虜囚」 

「黒の黄昏」SS「キス」


 捌けども捌けども一向に減らぬ書類の山を前に、警備隊隊長エセル・サベイジはとうとうへそを曲げた。ペンを放り出した手で、褐色の髪を苛々とかき乱す。
「署名なぞ、誰にだってできるだろう」
「中身の検分も全て隊長にお任せしてしまっても良いのですが」
 事も無げな声とともに、副隊長インシャ・アラハンが更なる書類を手に執務机の前に立った。
 ぐうの音も出ず、エセルは椅子に深々と身を沈めた。閲《けみ》すべき事項を彼女が仕分けてくれているからこそ、自分の仕事が簡単な確認と署名だけですんでいるということを、理解しているからだ。
 だが、それでもエセルはぼやかずにはいられなかった。
「少し休憩を、だな」
「先ほど訓練場から戻ってこられたばかりではありませんか」
 剣術の手合わせでは、気分転換はできても、心身を休めることはできない。私は憩いが欲しいのだ、と息を吐き出してから、エセルは上目遣いでインシャを見上げた。
「そうだな、君がキスの一つでもしてくれたら、やる気が出るかもしれないな」
 有能な副官は碧眼を丸く見開き、それからこれ見よがしに肩を落とした。
 もとより、生真面目な彼女が就業中にこんなことを承諾するとは思っていない。エセルは口元に苦笑を刻むと、姿勢を正して再びペンを手にした。
 と、次の瞬間、インシャが机の向こうからすっと手を伸ばしてきた。華奢な指が、まるで壊れ物を扱うかのように優しくエセルの手をとったかと思えば、蜂蜜色の髪が視界に飛び込んでくる。
 そうして、手の甲に柔らかいものが触れた。
「……これで、やる気を出していただけますか」
 しばし言葉もなく硬直していたエセルだったが、ふう、と大きく息をついたのち、思いっきり不貞腐れてみせる。
「これだけでは、足りぬ」
「足りないと言われましても、やる気を出していただくのは、右手だけで充分ですから」
「いやしかし、疲れているのは右手だけではないぞ。頭も目も、そう、口だって……」
「それでは、書類の検分から全て隊長にお任せいたしましょうか」
「……」
 しぶしぶ抵抗を諦めて、それでもまだ未練がましく、エセルはインシャをねめつけた。
「あとで、右手だけでは物足りない、と言わせてやるからな」
「今は、仕事に集中なさってください」
 にべもない言いざまに、溜め息一つ、エセルは再び仕事の山に分け入っていった。
 
 


「キスの日」に合わせてキスネタのSSを書いてみました。
 思いっきりひねくれたシチュエーションですみません。
拍手
 

「撞着する積木」プロトタイプ版を再公開いたしました

 ケータイ向け配信サイトでの「撞着する積木」の連載が、無事完結いたしました。
 それを受けて当初の予定通り、以前サイトで公開していたままの状態の、改稿前の旧来版を、プロトタイプ版として再び公開し始めました。

 電子書籍化にあたって、どのような加筆改稿が行われたか、サイトの小説目次にまとめページへのリンクを用意いたしましたので、プロトタイプ版を既読の方はどうぞご利用ください。
拍手
 

5/13までの拍手

 風邪ひいてぐだぐだな週末を過ごしてしまいました……orz いかんなー、やっぱり体力とか落ちてんなー。右手の怪我以来、筋肉随分落ちたもんなー。筋トレ頑張るしかないかー。

 いつも拍手をありがとうございます! コメントも嬉しいですーv


5/11
>Σ さん
 こちらこそ初めまして! コメントありがとうございますv お褒めのお言葉にすっかり顔が弛んでしまっています。
 隊長&アニキへのエール、しかと受け取りました。お互いを認め合ってこその関係、いいですよね! バディ萌えですよ、バディ萌え!!(力説 
 また時間を見つけては、番外編というか外伝をちまちま書いてみたいと思っておりますので、どうか気長にお待ちください。

5/12
>ペ さん
 盛りだくさんのコメント、ありがとうございますー! 「月下~」はかなり突貫工事だったので(何しろ、8000字の初稿を四日であげるなど、遅筆な私には奇跡としか言いようがない)、楽しんでもらえてホッとしております。
 そして「僕っ娘」……! 確かにそういう可能性が……! なんのひねりもなく男同士を想定していましたが、これはこれで萌えるかも……!(何か新しい扉を発見した模様
拍手
 

5/6までの拍手

 昨日に庭仕事張り切り過ぎて、筋肉痛&手のひらのマメがつぶれて泣きそうなGBです。

 いつも拍手をありがとうございます! 読んでくださった人がいるんだ、と画面のこちらで喜んでおりますv
 コメントもありがとうございました。

5/4
>け さん
「月下の虜囚」読んでくださったのですね! うわあ、ありがとうございますー!
 単発の短編は、シリーズものに比べると食指が動きにくいんじゃないかと思います。読んでもらえて本当に嬉しいですv

 GWは、私も家族に振り回されっぱなしでしたよー。奈良に行ったり、実家回ったり、映画見に行ったり、充実していたといえばしていたのですが、まあ……疲れました(苦笑
 一日、なーんにもしないでゴロゴロしたーい! ……夢のまた夢ですけれどねー。
拍手
 

スーパーヒーロー大戦

「仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦」見てきました!
 ポスターなどではフォーゼとゴーバスターズが前面に出ていますが、メインはディケイドとゴーカイジャー。ツカサ(仮面ライダーディケイド)とマーベラス(ゴーカイレッド)が物語の軸になるわけですが、物語の紡ぎ手は彼らとは違うところに存在しており、それがまたいい感じに場を盛り上げてくれるのです。仲間の異変に、悩み、揺れ、やり場のない思いを抱えてあがく彼らを、待ち受ける絶望……。

 でもって、ツカサとマーベラスのヒールっぷりが、まあ素敵で。それに翻弄される周囲の様子も、こう、ぐぐっと胸に迫るものがあって、すっかり物語に入り込んでしまいました。
 ドラマ部分ばかりか生身アクションも見ごたえがあって、嬉しかったです。思わず手足がシンクロして動きそうになるほど、画面に見入ってしまいました。

 個人的に、ラスボスがラスボスと化した動機について、「自分のためというよりも、仲間の気持ちを汲んでいた」ということがもう少し早めに解りやすく出されたらなあ、とちょっぴり残念に思いました。そのほうが、より本命に対するツンが際立つような気がしませんか? ここはガツンと最大級のツンをですね、そうして最後にちょろっとデレて、それからツ(以下略

 とかなんとか言いつつ、結局は「細けえことはいいんだよ!」の一言に尽きます。だって、面白かったから。燃えたから!
 現行と去年の戦隊&ライダーを知っているだけでも充分楽しめますが、それプラス仮面ライダーディケイドを知っていると、より面白いと思います。要所要所で叫びそうになること請け合いですよ(にやり
 オールライダー&戦隊が一堂に会するさまには、ただただ圧倒されました。大スクリーンで見られて、大満足です。
 でも、家でツッコミを入れながらDVDを見るのも、楽しそうです。とりあえず、「ライダー粒子反応、戦隊粒子反応、ともにゼロ」(うろ覚え)という台詞には、ツッコミを入れたい。思いっきり入れたい。あと、はやぶさとイトカワにも。

 とにかく、むちゃむちゃ楽しい映画でした!
拍手
 

5/1までの拍手

 ゴールデンウィーク、皆さんいかがお過ごしですか。
 私は泊りがけで奈良に行って、名刹や遺跡や奇石や渋滞と思う存分たわむれてきました。古都、いいなあ。伝奇ものとか書きたくなるなあ←

 いつも拍手をありがとうございます。ぶっちゃけ、一つも拍手が無い日なんてざらなので、連打いただいて喜びのあまり踊りだしそうになっていますよーv

4/28
>け さん
 バタバタしていてお返事が遅くなりました。嬉しいコメントありがとうございます!
 眼鏡男子ですよ! 眼鏡男子! 眼鏡を外すもよし、かけるもよし、どうしてあんなに萌えるんでしょう。(*´Д`)
 またいいネタが降ってきたら、お披露目いたしますね。
拍手
 

「月下の虜囚」

 実に半年振りの新作は、久々のR18、よって本館のみの更新となっております。

「月下の虜囚」
 文庫本換算18頁。
 異世界FT。森の奥、泉のほとりに夜な夜なあやかしが出るという。

 R20創作企画Risky Twenty参加作です。
 せっかくのR指定企画なんだからエロいのを書くぞ! と意気込んだはずが、何故か結局いつもどおりの「ミステリ的な何か」に落ち着いてしまいました。

 ぶっちゃけ、えろえろしいシーンだけなら、あまり苦労せずに書けるんですよ(言い切った
 ただ、その「エピソード」を上手く「物語」に仕立て上げる、組み上げる、のが難しくて。長編なら、その辺りの調整が楽なんですが、限られた文字数できちんとエピソードを料理するのが、苦手なんです。
 で、まあ、苦労した甲斐あって、「物語」としてはそこそこ上手くまとめられたんじゃないかな、と、自画自賛しています。ただ、ね、ちょっと小ぢんまりとまとめ過ぎたカナー、と。
 
 ていうか、今回、サイトに載せてる(本館のみ)「小説比較表」に、「ミステリ要素の有無」って項目を増やしてみたんだけど、なんか軒並み○がついてしまっているのは、一体どういうことなの。
 ついてないのは、バレンタインネタのやつと、積木シリーズだけという。でも、それらですら、どんでん返しとまではいかなくとも、あれこれスパイス効かせてるから……。ええ、どこまでもミステリ脳ですみません。
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします