未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2012年 02月の記事
2012/02/21
返信] 2/20までの拍手&メール 
2012/02/13
返信] 2/12までの拍手 
2012/02/06
返信] 2/5までの拍手 
2012/02/04
企画] 2/3までの拍手お礼&ご報告 
2012/02/02
書籍・電子書籍] 「撞着する積木」電子書籍化について 

2/20までの拍手&メール

 ゴーカイジャー、これまで種を蒔いてきた諸々を、ここに来て一気に収穫するような、気持ちのいい最終回でした。これぞ長編ストーリーの醍醐味ですね。
 敵大艦隊の扱いには、多少の強引さというか、そこはやはり子供向けドラマとしてのご都合主義があるわけだけど、それでも、今までの作劇の積み重ねのおかげで、大人な自分もメタファー的なものとして呑み込むことができたし。って、要するに、細かいことはいいんだよ! ってやつです。面白かったから! 燃えたから! 感動したから!
 まさかのアカレンジャー登場には、何か胸がいっぱいになりました。問答無用の存在感。私はゴレンジャーを見たことがないんだけど、それでも「戦隊シリーズの礎」という威厳というか貫禄というか、シリーズの歴史そのものをまざまざと感じることができました。物語を丁寧に組み上げてきたからこその結果なんだろうなあ、なんてしみじみ思ってしまったり。
 天知博士もいい役貰えて良かったね。去年のゴセイジャーでの扱いが可哀相過ぎると思っていたので、なんだかホッとしましたよ。やっぱり、登場人物あっての物語だよね……。
 ともかく。マベ好き(言いきった)としては、「やべえ、気持ちいい」の一言でご飯三杯はいけました!
 一年間、楽しませてくれてありがとう、ゴーカイジャー。


 ……ご飯三杯、だけ書こうと思ったのに、なんだか長々語ってしまいました。(語れというならまだまだ語れるけど)

 さて、表題に戻って。毎日拍手をありがとうございます!
 メッセージもメールも、とても嬉しかったです!

2/19
>k さん
 こちらこそ、ご無沙汰しております。嬉しいお言葉、ありがとうございますー!
 最近自サイトに引き篭もってばかりだったので、久々に絵をたっぷり拝見して、凄くテンションが上がりました。やっぱり素敵です、むっちゃ好みですv 眼福をありがとうございます♪
 どうぞこれからもよろしくお願いいたします!

 返信不要でメッセージくださった方も、ありがとうございました!
 その一言で覿面に調子が上がりましたv よーし、頑張るぞー!
拍手
 

2/12までの拍手

 物語の終わりに向けて、収束していくエピソード。それらは、登場人物達が過ごしてきた時間そのものであり、「今」の彼らを形作る血肉そのものでもある。って、昨日のゴーカイジャーの話です。むっちゃ感動した! 燃えた!

 丁度、「積木」改稿の最終話のシナリオを詰めているところだったので、余計にひしひしとラストの重要性を感じてしまいました。
 とにかく、これまでの色々をきっちり拾って、粛々とまとめて、キレイに幕を引くこと。全力でいくぞー! おー!


 さてさて、いつも拍手ありがとうございます!
 読んでもらえたんだ、と、嬉しく思っていますv

2/11
>て さん
 コメントありがとうございます!
 こちらこそ、あまりにも嬉しいお言葉の数々に、すっかり舞い上がっておりますv
 電子書籍版は、各話全てに学園ドラマ部分のエピソードを追加したので、より物語の深みが増したと思います(言い切った
 特に最終話については、クライマックスシーンをまるっと再構築(の予定)。
 買って良かった、と言ってもらえるよう、頑張りますね!
拍手
 

2/5までの拍手

 この二、三日、オンラインでもオフラインでも嬉しい事づくめのGBです。ひゃっほい!
 その「嬉しい事」の最たるもの――拍手ありがとうございます!
 やる気、ばっちりいただいておりますv

2/5
>桜 さん
 温かいお言葉をありがとうございますー!
 あまりの嬉しさに、何度もなめるようにコメントを読み返してしまいました。もうもう、本当に物書き冥利につきます。
 レビューの件も、お気遣いありがとうございました。そう言っていただけて、ほっと胸を撫で下ろしております。
 いただいたお言葉を胸に、残る改稿、ベストを尽くせるよう気合入れて頑張りますね!
 どうぞこれからもよろしくお願いいたします。
拍手
 

2/3までの拍手お礼&ご報告

 バタバタしていてすっかりご報告が遅れてしまいました。
 毎度毎度で恐縮ですが、アルファポリスの恋愛小説大賞に、今年も「薄紅まといて」をエントリしました。
 去年と同じ言い訳を繰り返すのもアレだし、そこはまるっと省略して、とにかく「ご新規さんいらっしゃいませ作戦」というわけなのです。
 今年は、読者としては参加できそうにありませんが、どうか皆さん、お祭をお楽しみくださいね!


 さてさて、いつも拍手をありがとうございます!
 クリック一つ一つは勿論、コメントも嬉しかったですー!

2/3
>b さん
 お祝いのお言葉、ありがとうございます!
 せっかくいただいた貴重な機会なので、気合と根性で突き進んでしまいました。
 小説を書く、という行為そのものは個人作業ではありますが、だからといって自分一人で完結するものではないんだなあ、と、しみじみ感じ入りました。
 勿論、読んでくださった方々からのお言葉にも励まされましたが、bさんを始めとする、同じ書き手さん達の苦労話や創作談義などにも、大いに発奮させていただきましたよー。
 良い出会いに恵まれたなあ、と、我が身の幸運に感謝しつつ、気合入れて最後まで頑張りたいと思います!


 返信不要でくださった方も、「積木」電子書籍化に対して、温かいお言葉をありがとうございました!
 あと、ツイッタやブログで宣伝してくださった皆さんも、ありがとうございましたv
拍手
 

「撞着する積木」電子書籍化について

 実はこのたび、電子書籍を出版していただきました。
撞着する積木 表紙
書名:「撞着する積木」
価格:1話\105(全7話) \ 525
表紙:篁ふみ
発行:パブリッシングリンク
 独善的で素直になれない化学教師と、理性的であろうとするがゆえに脆い理系女子の、カラダから始まる関係とは? 複雑に絡まり合いながらも少しずつ距離を詰める、二人の心裡を綴ります。

 当サイト掲載「撞着する積木」の加筆修正版です。物語の大筋こそ変わらないものの、細部のエピソードを変更、追加しました。文章も構成も、旧来のサイト版(プロトタイプ版)に比べてぐんと良くなったと自負しております。
(性描写がしっかり含まれていますので、苦手な方は、ご無理なさらず……!)

 配信サイトの詳細は、「電子書籍「撞着する積木」のご案内」をご覧ください。
 
 そして、この改稿前のプロトタイプ版ですが、編集部のご厚意により、引き続きサイトに掲載する許可をいただきました!
 流石に、未配信分のネタバレ全開は問題があるので、連載が終了するまでは、一時的に「撞着する積木」本編を非公開にさせていただきますが、2011/5/20 を過ぎれば、再び以前どおりにサイトにて公開する予定です。

(一時的とはいえ、本編が非公開となるため、規約に則って登録していたサーチエンジンからデータを削除いたしました。特に「恋愛遊牧民」さんでレビューをくださった、ともさん、ぷんにゃごさん、のらさん、そらさん、春生さん、慧奈さん、折角のご好意を消さねばならなくなってしまって、本当に心苦しく思っています。どうかこれに懲りずに、これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございました!)

 サイトにプロトタイプ版を残すために、お話をいただいた昨年の夏以来、ひたすら改稿作業に没頭してきました。なにしろ一応一度は完結した物語ですから、再構築するにも簡単には糸口が掴めなくて。ああでもないこうでもない、と、書いては消しの繰り返しでね、ただでさえ遅い筆が、ますます遅くなってね……。
 って、実は、まだ全部改稿終わってないんですけどね……orz ラストスパート頑張るよ……! だから、誰か! 誰か私に落ち着いて執筆できる環境をください!


 電子化のお話をいただいて悩んでいる時に「一番好きな物語&サイトです」とコメントくださった方。あなたのお言葉で、改稿に挑む覚悟ができました。
 どうやって物語を再構成すりゃいいんだ、と頭を抱えている時に「読み返しに来ました」とコメントくださった方。これは絶対に頑張らねば、と、むっちゃ気合入りましたよ!
 これまで、ブログなどで紹介してくださった方、レビューを書いてくださった方、拍手やブログ、ツイッタなどでお声をかけてくださった方、そして拍手ボタン押してくださった方。皆さんのおかげで、満足のいく製品版が出来上がったと言っても過言ではありません。
 って、ついつい達成感にひたりそうになってしまいましたが、まだもう少し改稿が残っているのでした。やばいやばい。
 気を抜かずに最後まで頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします