未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
2007年 03月の記事
2007/03/12
後書き] 「黒の黄昏」第14話 第四章 継承、第五章 崩壊 
2007/03/07
返信] 3月6日のweb拍手へのレス 
2007/03/05
後書き] 「撞着する積木」踏切3 
2007/03/05
返信] 3月3日、4日のweb拍手へのレス 
2007/03/03
返信] 3月2日のweb拍手へのレス 
2007/03/03
後書き] 「黒の黄昏」第14話 第三章 神話 
2007/03/01
返信] 2月28日のweb拍手へのレス 
2007/03/01
サイト話] 一年が経ちました。 
2007/03/01
後書き] 「撞着する積木」踏切2 

「黒の黄昏」第14話 第四章 継承、第五章 崩壊

 調子に乗ってタイピングしていたら、やたら長くなりました。あまりに長くなったので、急遽、章を二つに分けてしまいました。

 それにしても、小説を書くのって、難しいですよね。話の筋だけなら、好き勝手にこね回せられるんですけれど、これを人様に見せられるように物すとなると……、うーん。
 冗長と言葉足らずのはざまを、ビシッと狙えたら言う事なしなんですけどねー。シミジミ。

 さて、次回。
 次の第十五話のタイトルは「夜を司り、死をもたらす者」
 物語は一体どこへ向かうのか。頑張りますので、楽しみに待っていてください!


 あ、そういえば、週末ばたばたしている間に、いつの間にやら30万アクセスを超えてました。皆様、ありがとうございます!
 今度こそ何か企画を……と思いつつ、何も思い浮かば無いしw
 誰か、アイデアもしくはリクエストお願いしまーす。
拍手
 

3月6日のweb拍手へのレス

 拍手、メッセージ、ありがとうございます。

>おもしろいです。私はとくにロイが好きです。

 ありがとうございます♪
 ロイ先生、一応主人公二人の鞘当役みたいな立場だから、嫌われてしまうかなーって最初思っていたので、好きだと言ってもらえて嬉しいです。
拍手
 

「撞着する積木」踏切3

 なんか、凄いところで次回に引っ張る悪い癖がつきそうな今日この頃ですが、皆さんお変わり(以下略

 朗先生、あんなブラックな奴ですが、一応彼なりに、志紀に手を出した罪悪感みたいなのを抱えているんです。ええ、あれでも。
 問題は、その後ろめたさに対してどう対処するかというところなのでしょうけど……、先生ってば、このテのストレス、内に向けずに外に発散するから……。外に……つまりは志紀に……orz ごめんよ志紀……こんな作者で……。
拍手
 

3月3日、4日のweb拍手へのレス

 近所のブックオフで、「マガーク探偵団」(児童書)を見つけて、あまりの懐かしさに買ってしまいました。中一の時に嵌って、クラスの男子と探偵団作るぞ! とか息巻いていた恥ずかしい過去を思い出して、悶絶中です。
 でも、こういうほのぼの事件解決モノって好きなんですよねー。次はこういう路線の話を考えてみようかなあ。ああ、でもでも、登場人物は18歳以上でないとツマラナイwしー。

 ではでは、三日にいただいたメッセージです。

>スナさん

 こちらこそ初めまして! スナさん、ようこそいらっしゃいました。そして、隊長&インシャを気に入っていただいてありがとうございます♪
 インシャ姐さんには、この先、ちょっとした役回りを用意してありますので、必然的に付属物隊長も活躍する事になるかと思います。どうか楽しみにしててくださいね。


 そして、四日にいただいたメッセージ、時間が近いのでもしかして同じ方からでしょうか。

>早く完結させてください……!!もぉ気になって?……!!

>めっちゃ面白いですっ(o´∀`o).*:☆

 メッセージ、ありがとうございます~。嬉しいです!
 続き、気になりますか~?(ふふふふ
 プロットは最後まで出来上がっているので、完結は保障します! あとは、文章の神様がどこかに家出してしまわないように祈っていてくださいね。


「積木」、推敲段階に入りました。今日中にアップできるように頑張ります!
拍手
 

3月2日のweb拍手へのレス

 うおおおお。
 気が付くと、さんじうまんヒットまであと五千ちょいですがな!
 検索で迷い込んでこられて、「詐欺だー」みたいな方も結構いらっしゃると思いますが、それでもこんなに沢山の方に来ていただけたなんて夢のようです。

 一周年も迎えた事だし、何か記念にぶち上げたいような気がしますが、脳みそが飽和状態で、イマイチ良い案が浮かびません。
 何か良いアイデアがありましたら、是非教えてください。(他力本願


 では、昨日いただいたメッセージです♪

>何度も読ませていただいて海外生活での潤いに

 嬉しいコメント、ありがとうございます。
 そうかー、パソと回線があれば、どこからでもつながるんですよね。便利だなあ。
 海外生活は色々大変だと思います。私は外国語がからっきしなので、余計にそう思います……。
 こんな物語でも息抜きになるのなら、書いた甲斐があったってものです、はい。

 ご期待に沿えるように、ぼちぼち頑張ります!
拍手
 

「黒の黄昏」第14話 第三章 神話

 はい、精神状態も何とか浮上して(立ち直り、早っ)、快調に仕上げてしまいました。どうやら、気分の上下は、仕上がりよりも執筆スピードに関わってくるようです。

 で。
 風呂敷のたたみ時なので、今回もいちゃいちゃは無し!
 看板に偽りがあろうが、話を終わらせるためにも、色気無し!

#何を力説しているのやらw

 ……って、期待してらっしゃった方、すみませんね~。
 でも、今回の話のどこに恋愛要素を入れろと……w つうか、入れられるものなら、入れてみやがれ、って感じでしょうかw

 さて、次回は……、ある意味、一つの山場です。
 この物語も、ついにここまで来たか……、と、一人勝手にしみじみしていたりして。
 皆さん、もう少しお付き合いくださいね!
拍手
 

2月28日のweb拍手へのレス

 今日は一日家で引きこもってました。
 おかげで、執筆もすすんだけれど……、これで良いのか、と心のどこかが囁いてたりして(苦笑


>続きを楽しみにしています。

 ありがとうございます!
 どっちの話かなぁ。焦らし度合いwは「積木」が強いけど、「黄昏」も佳境(だと勝手に作者は思っている)だし……。
 両方、だなんて嬉しい事だったりして……♪

 さくさく進めていきたいと思っていますので、これからもよろしくおねがいしますv
拍手
 

一年が経ちました。

 よく考えたら、このブログを始めて今日で一年です。

 何だか、オンラインでは物凄く変化のあった一年でした。
 そもそも、ネット自体あまり利用していなかった私が、今やサイト持ちですからねー。
#いや、皆さんフツーにサイト作ってらっしゃると思いますが、私にはとんでもない雲の上な事だったんですよー。

 右も左も良く解っていないくせに、勢いだけで走り出してしまったものだから、失敗も多かったです。
 なにせ、最初は html は勿論、スタイルシートなんて「は?」って感じだったし、テンプレ? 素材? 拍手? おえびって何? という状態でしたからねー。よくぞここまで標準レベルまで上がってこれたものです、はい。

 拍手やメールでメッセージを下さった皆さん、ブログなどにコメントを下さった皆さん、それよりなにより、わざわざウチのページにアクセスして、拙い文章を読んでくださった皆さん、本当にありがとうございました!

 誤字の指摘もありがとうございます!! 定義のあやふやなまま使っていた言葉も多くて、多分まだまだ色々間違いが潜んでそうで、怖いんですが(苦笑)、作者が気が付かない以上は、他人様のツッコミが頼りだという……。
 文章作法についても、読書を通じて会得した事しか知らなかったので、本当に勉強になりました。

 なんというか、自分の受け身っぷりをまざまざと自覚した一年でもありました。いや、自分のダメさ加減というか。はははは。(笑ってごまかす

 これからも、相変わらずな調子で、ぼちぼち創作していくと思いますが、何卒よろしくお願いします!
拍手
 

「撞着する積木」踏切2

 頭でっかちな先生、空回りしてます。
 相変わらず不健康です。

 そして、それを生み出しているのは、間違いなく私だ、という事……orz
 ええ、もう、何か色々出てます、露出してます。あはははは。


 えーっと、失礼いたしました。
 一昨日、自分がしでかしたとんでもないポカに気が付いて、つうか気が付かされて(教えてくださった事、感謝しております……と、ここを見てらっしゃる筈はないのに、ついつい虚しい私信)、実はまだ引きずってうじうじしているGBです。馬鹿です。

 執筆している時は、見事に頭が別世界の住人になってるので(私はアブナイ人かw)、現在の精神状態ってあまり影響していない筈ですが、どうかなあ。また気持ちが落ち着いたら、至近の更新分をむっちゃ訂正してたりして。

 さて、次回、朗先生は一体どうなさるつもりでしょうかw
 今回も凶悪なところで寸止めしてしまいましたが、続きはもうしばらくお待ちください♪
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします