未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
カテゴリ「サイト話」の記事
2015/08/11
「紅玉摧かれ砂と為る」サイトに掲載 
2014/01/22
サイト開設7周年&アンケート設置 
2013/01/28
1/27までの拍手&「黒の黄昏」改稿箇所詳細 
2013/01/24
改装しました 
2012/05/20
「撞着する積木」プロトタイプ版を再公開いたしました 
2011/09/02
IE9での空白行非表示の件 
2011/04/09
筆名をGBに統一します 
2010/12/11
サイト名を変えました 
2010/08/18
小説の更新ではありませんが 
2010/04/30
絵板のURL変更のお知らせ 

「紅玉摧かれ砂と為る」サイトに掲載

 というわけで、小説家になろうで連載していた「紅玉~」を、サイトに転載いたしました。

http://greenbeetle.xii.jp/works/kougyoku.html

 随所に空行を挿入したなろう版と違って、元の原稿と同じ体裁となっております。詰め詰めで読みにくい、という方は、小説家になろう版をご利用ください。
 サイト版の目次ページには、正伝「黒の黄昏」や解説ページへのリンクも設置しておきました。お役に立てれば幸いです。
 
拍手
 

サイト開設7周年&アンケート設置

 早いもので、本日、我がサイトは7周年を迎えました。

 途中サーバ引っ越しや大改装などありましたが、なんとか無事に7年間もサイトを運営してこられたのは、ひとえに応援してくださった皆さんのおかげです。ありがとうございます。
 これからも、可能な限りサイトを続けていくつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 で、折角のラッキーセブン、何か特別な企画でも……と思わなくもなかったのですが、なにぶん色々と余裕が無くて……。
 以前から考えていたアンケートを、この機会に設置してみました。
 サイトに来てくださる皆さんに何かプレゼントするどころか、逆に「オラに力をわけてくれ!」とか、どんだけ厚かましいの……。

 と、まあ、何年経っても相変わらずこんなカンジで恐縮ですが、どうか生暖かい目で見守っていただければ幸いです。


 ところで、毎年サイト開設日が来るたびに、「○周年?」「○年目?」と年数の表記方法に混乱しては、なんとなく適当に流してしまっていたのですが、今回、きちんと調べてみました。
 大辞泉によれば、「周年」は「数を表す語について、年数の経過を数えるのに用いる語。まる…年。」とのことです。
「7周年」は、人間の「満7歳」と同じで、まる7年経過したという意味。そして、その直後から「8年目」に突入する、ってわけですね。ああ、スッキリ。
拍手
 

1/27までの拍手&「黒の黄昏」改稿箇所詳細

 まずは、いつも拍手をありがとうございます! 嬉しいですv
 そして、メッセージもありがとうございました。

1/27
>み さん
 おおおお、ありがとうございます、ありがとうございます! 作者冥利に尽きますー!
 ずっと変わらずのご愛顧、本当に光栄に思っております。
 どうぞこれからもよろしくお願いいたします!!

 で、「黒の黄昏」の改稿箇所を詳しく教えてほしい、とのお言葉に、急遽、旧版既読の方向けに「改稿箇所詳細」のページを作りました。書き直した部分のうち、新たに何らかの情報が追加されたページへ、直接ジャンプすることができます。
#確かに、あの超長編を通読するにはまとまった時間が必要ですもんね……。

 作者のわがままに付き合ってくださる皆さんには、何度感謝しても感謝し足りません。
 本当に、ありがとうございました!
拍手
 

改装しました

 色々ありまして、サイトを改装いたしました。
 本日より、創作小説サイト「あわいを往く者」は、一部R15とさせていただきます。

 これにより、G倉庫と本館を統合することにしました。G倉庫にリンクしてくださっている方々には、お手数をおかけいたしますが、リンクの解除、もしくは、URLの変更をよろしくお願いいたします。(こちらで把握している方々には、のちほどご連絡差し上げるつもりです)

 改装にあたって、削除したコンテンツは、掲示板(絵板)だけです。

 掲載小説については……
「月下の虜囚」に、少しだけ手を加えました。
「黒の黄昏」をDIG版と差し替えました。一部のサーチエンジンには引き続き旧版で登録しております。改装以前にサイトで公開していた他の作品も、同様です。


 面倒で大変な作業でしたが、サイトを閉鎖するよりはずっといい、と、今は納得しています。

 色々ご迷惑をおかけしますが、どうかご容赦ください。
拍手
 

「撞着する積木」プロトタイプ版を再公開いたしました

 ケータイ向け配信サイトでの「撞着する積木」の連載が、無事完結いたしました。
 それを受けて当初の予定通り、以前サイトで公開していたままの状態の、改稿前の旧来版を、プロトタイプ版として再び公開し始めました。

 電子書籍化にあたって、どのような加筆改稿が行われたか、サイトの小説目次にまとめページへのリンクを用意いたしましたので、プロトタイプ版を既読の方はどうぞご利用ください。
拍手
 

IE9での空白行非表示の件

 ふと気がつけば、共有パソのInternetExplorerが9になっていて、いつの間にバージョンアップしたんだ? と何の気なしにウチのサイトを表示させてみたら……
 
 小説の段落区切りに使っていた「空白行」が、軒並み詰められてしまっていました……orz
 
 時間の経過を表したいところも、場面転換も、余韻を持たせたい箇所も、全部、全部、みっちりと空白行無しですよ。
 段落以外に、小説本文上下の余白も、です。スタイルシートが無効でも余白がとれるように、本文の最初と最後に空白行を挿入していたのですが、それらも全部、詰め詰めのキツキツですよ。
 ウワァァァンヽ(`Д´)ノ
 
before
 
 ウチのサイトの小説ページのHTMLは、右のようになっています。
 ベタ打ちテキストファイルの原稿を、エディタの置換機能を使って「改行」→「<br>(改行タグ)+改行」と置き換え、小説用のテンプレートに流し込んでページを作成しているのです。
 
 空白行に全角スペース(図内では灰色の四角で表示されています)をわざわざ入れているのは、携帯電話向け変換サービスなどで、連続する複数の改行タグが、一つの改行としてまとめられてしまう事があるからです。
 間に全角スペースを入れておけば、改行タグの数だけきっちり改行して表示されるだろう、という作戦です。
 
 HTML的には、<br> はあくまでも「文章を強制的に改行して表示する」というだけなんです。
 段落を形成するなら <p>(段落タグ)を使うべきで、余白・空白の設定はスタイルシートとして論理的構造から切り離さなければならない、と。
 
 でも、小説において、空白は単なる装飾ではなく、論理要素の役割も果たすと思うのです。一行分の空白と、二行分の空白では、それが示す意味が違ってくるような気がしませんか? ていうか、少なくとも私はそれぞれに違う意味をもたせています。それを全て一律に <p> で定義するのはちょっと抵抗があるというか……。
 確かに、空白の量はスタイルシートで調節出来るけれど、でもこれって、スタイルシート切ったら、一行分も二行分も、全部同じサイズの空白になってしまうわけですし……。
 
 ともかく。
 今回、どういうわけかウチのIE9では、改行タグの手前に入力された全角スペースが、無かった事にされてしまっているようでした。半角スペースや、二つ以上の全角・半角スペースでも、改行タグの手前にあるものは同様に無視されていました。その結果、改行タグが連続しているとみなされて、改行が一つにまとめられてしまった……という事なのでしょうか。
 もしかしたらウチのサイトのHTMLに、何かとんでもないミスがあるのかもしれません。でも、どこが悪いか解らないという……orz
  
 とりあえず、空白行が無事に表示されていたサイト内の他のページに倣って、小説ページの改行タグの位置を行の後ろから前に持ってきてみたところ、なんとか空白が復活しました。
 ありがとう、TextSS。君がいなければ、ショックのあまりサイト閉鎖してたかもしれん……。


 そんなわけで、IE9をお使いで、ウチの小説がみっしり詰め詰めで読みにくかった、という方、あれはという事で、どうかよろしくお願いいたします。




 2011/9/4追記。

 全角スペースじゃなくて、&nbsp;(半角スペースの文字コード)を使えばいいやん、と気がつきましたorz
 それで、一行ごとに <div></div> で囲むとか。

 でも、サイト用のページを作ったあとに、本文に修正を入れたくなった時など、<div> で囲むよりも改行タグのほうが、一括置換ソフトが使い易いしなあ。
 色々悩みは尽きません……。


 更に追記。

 結局、改行するごとに一行を <div></div> で囲む事にしました。
 空白行には、 全角スペースの他に半角スペースの文字コードも入れて。これでもうどんな環境でも大丈夫! のはず。だといいなあ。
拍手
 

筆名をGBに統一します

 突然ですが、今まで、ペンネーム「GreenBeetle」、ハンドル「GB」という風に使っていたのを、双方ともに「GB」で統一する事にしました。短い方が色々と便利だし、二つも呼び名があってもややこしいし、普段「GB」ばっかり使っていて、こっちの方が愛着があるし、という理由です。

「GreenBeetle」という名前でリンクしてくださっている方は、そのままの表記で全然構いません。

 ていうか、これまで配布したFC2ブログの共有テンプレートのクレジットなんて、絶対に直しようがありませんし。全然違う名前になったわけではないから、旧名でもあまり(というか、むしろまったく)気にならないし。

 これぐらいシンプルになると、逆に名前のカブリも気にならなくていいよね! とも思います。
 ギガバイトとかグレートブリテンとか、探せば山ほどありそうv(にやにや
 これでこの先何年もサイトを続けたら、そのうち誰かに「GBって何かの略称ですか」って質問されたりしてね。その時に「正解はどれだ」と逆質問したりしてね!(にやり

 その日を楽しみに、末永く執筆活動を続けていきたいと思います。
拍手
 

サイト名を変えました

 リンクしてくださっている方、ごめんなさい!
 お手数をおかけしますが、どうかお許しください。

 表題の通り、サイト開設以来四年近く使用していた「白のかはたれ、黒のたそかれ」というサイト名を、このたび変更する事にいたしました。

 新サイト名 「あわいを往く者」
あわい 【間】 (大辞泉より)
  1 物と物とのあいだ。
  2 事と事との時間的なあいだ。
  3 人と人とのあいだがら。相互の関係。
  4 色の配合、取り合わせ。
  5 折。機会。


 長編ファンタジーのネタ(ずっと前に100質でチラッと書いた剣士×測量士ネタ)をつらつら考えていて、突然天啓のように閃いたのが、この「あわいをゆくもの」というフレーズでした。物語のイメージがなかなか固まらないから、普段とは逆にタイトルを先に考えてみよう、と、ああでもない、こうでもない、と少ない頭の引き出しをひっくり返しているうちに、ぽーんと。

 アラこれイイカンジじゃね? と思うと同時に「いやむしろこれ、うちのサイトそのものを表しているかも!」とも思い当たってしまいまして。
 そう言えば、剣士×測量士の話、最初は「白地図」とか「夜明け」とかそのあたりをキーワードにタイトルを探っていたのですが、サイト名とかぶるから、って全部ボツったのですよ。既に「黒の黄昏」がサイト名とモロかぶりだし、これでまたファンタジーが出張ってきたらサイトのイメージがちょっと偏りすぎるかなあ、と。

 じゃあ、いっそ、タイトルとサイト名を交換してしまえばいいじゃないか!


 とは言え、サイト名を変えるとなれば、これまでウチにリンクしてくださっている方々に修正のお手間をおかけする事になってしまいます。ブクマしてくださっている方々にも、色々不便を強いるかもしれません。
 落ち着け自分、早まるな自分、冷静になったらまた違う結論が出るかもしれないじゃないか。
 と、丸一日うんうん考えて悩んで、それでもやっぱりこの嵌まり具合は動かしがたい。

 今のサイト名に愛着が無くなったわけではありませんが、実は「やや勝手が悪いなあ」と思う事がこの四年間でしばしばありました。似たような平仮名がずらずらと十文字以上も並ぶのが、こんなにややこしいものだとは、名付けた時には夢にも思ってなかったんですよー。とほほほー。
 この機会を逃せば、この先もずっとモソモソ悩み続ける事になりそうだ、と思い、改称を決意した次第です。

 ご迷惑をおかけして、申し訳ありません。
 これに懲りずに、どうかこれからもよろしくお願いいたします。
拍手
 

小説の更新ではありませんが

 毎日暑いですねー。
 拍手、ありがとうございます。なかなかお返事する機会がないので、ここでまとめてお礼を言わせてください。そのパチパチに励まされていますv


 次作に取り掛かる前に、ずっと棚上げにしていた諸々を片付けているところです。

 先ず、絵板にいただいていたイラストを、サイトに保管いたしました。
 改めて気が付けば、連載に追われて一年間以上も頂き物ページをさわっていませんでした。ああ、光陰矢の如し。
 こうやって素敵なイラストを頂き物ページに見やすくまとめて、何度も見返しては創作の原動力にするのですよv えへへへv

 あと、リンクページを若干改装いたしました。
 特に創作小説サイトのリンクについて、溢れる萌えを吐き出すのに、たった二行のサイト紹介文では足りないな、と前から思っていたもので、今回思い切って小説ごとの感想ページを作ってしまいました。
 まだまだ工事中の見切り発車公開ですが、ご了承ください。
 時間が無い!とか、どの小説も好きで一番が選べない!とか、もんどりうちながら、執筆の合間に時間を見つけて、残るサイト様についても萌え語りを復活させていく予定です。

 別館ブログの方でも、念願の、改造OK&再配布OKのブログ小説用テンプレートを共有テンプレートに登録できました。
 これでブログ小説用テンプレートを作る方が少しでも増えたらなあ、と密かに期待しています。
 http://greenbeetle2.blog117.fc2.com/blog-entry-92.html
に解説ページがありますので、興味のある方はご覧くださいv
 こういうのって、どこか宣伝するところってありますかね? 小説の更新だったら、センデンゴンとかありますけど……。取り敢えずツイッタぐらいしか思いつかなかったのですが……。うむー。


 色々ばたばたし通しの毎日ですが、なんとかそろそろ次作のシナリオ固めに入ろうと思っています。頑張るぞー、おー!
拍手
 

絵板のURL変更のお知らせ

 スパムよけに、掲示板のURLを変更しました。
 勢い良くフォルダ名からファイル名まで変えてしまったので、これで当分の間はスパムもやってこないと思います。
 もしも NotFound に出くわしてしまった方、多分ブラウザに残ったキャッシュのせいで、古いURLにつながってしまっていると思うので、PCの方は「絵板の入り口」で、ケータイの方はサイトトップで、一度ページをリロード(更新)してみてください。
 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお付き合いお願いいたします。

 絵板CGIの配布元のサイトにも、同じ時刻に同じスパムがやってきている事から、おそらく敵は自動ツールなんじゃないかなあ、と。多分、ファイル名でスパム先を探している筈なので、これでなんとか逃げ切れるんじゃないかと……期待しているのですが。
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします