未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
ユーザータグ「図書館で会いましょう」の記事
2018/12/09
創作話] いいねで創作キャラ答える 
2014/10/22
創作話] 創作関係の呟き:寒いね、と言うと 
2014/08/07
創作話] 創作関係の呟き:校正と校閲 
2013/11/01
掌編] ハロウィン小ネタ 
2013/08/23
書籍・電子書籍] 電子書籍『図書館で会いましょう』配信開始 

いいねで創作キャラ答える

 ツイッタでの、#いいねRTで創作キャラ答えるというタグのまとめです。

GBさんはいいねで
①一番スタイルが良い
②一番音痴なキャラ
③一番大きな夢を持っているキャラ
④メンタル的に一番強いキャラ
⑤ポテチの袋を開けるのが一番下手なキャラ
⑥一番趣味が合う2人
⑦今一番推してるキャラ
を答えます
#いいねRTで創作キャラ答える
shindanmaker.com/762345
ポテチの袋w
posted at 2018/9/26 22:32:10

いいねをありがとうございます! 構ってもらえてウレシイ! 隙間時間にぽつぽつ答えていきますね。
主だった小説のメインキャラから選んでみたいと思います。具体的には greenbeetle.blog51.fc2.com/blog-entry-859… で使った連中+ヒロインあたりで。今回はサイト非掲載の商業作も含めるつもりです。
posted at 2018/9/27 13:00:43

1)一番スタイルが良い
女性だとインシャ(黄昏)がメリハリボディ+ほどよい筋肉で理想的かと。
エセル「色気のないあの上着のせいで判らないだろうが、脱いだら凄いんだぞ、彼女は」
ガーラン「へー、そんじゃ、『判んないから見せて』って言ったらどうするんスか」
エ「そこになおれ(剣を抜きながら」
ガ「理不尽!」
posted at 2018/9/27 13:01:39
男性だと紛糾しそう。
「やっぱり男は筋肉だろ!」と得意げに胸を張ってから、ウルス(黄昏)やオーリ(九十九)をチラ見て「しまった」って顔になるガーラン(夜風)。現代日本組では、学生時代から空手継続中の拓司(図書館)が大人しくしている横で、ジムに通ってる陸(ゆめ)が自信満々でいる。
posted at 2018/9/27 13:02:40

2)一番音痴なキャラ
アルノルド(帰郷)ですね。
ヴェー「お前、習った楽器は楽譜見てフツーに使えてるし、音の聞き分けだってできてるんだから、あとはさ、自分の声をよく聞いて、ズレていたらその都度調整すればいいんだよ」
アル「そんなことしていて歌う暇があるのか?(真顔」
ヴェー「歌いながらするんだよ」
posted at 2018/9/27 17:01:43
アルノルド、意外と手先が器用で、単純作業や繰り返しにも強いから各種作業の習熟も早いのだが、応用がまったくきかない。まったくきかない。
posted at 2018/9/27 17:27:16

3)一番大きな夢を持っているキャラ
モウル「ウネンでしょ。世界地図を作りたいとか、大きいにもほどがある」
オーリ「うむ」
ウネン「あ、でも、あのお姉さん、すごい自動機械(ロボット)作りたいって言ってたよ」

「な、なんか、あそこの三人、超キラキラした目で、超こっち見てくるんだけど…」
理奈(法則)の勝ち。
posted at 2018/9/27 21:48:47

4)メンタル的に一番強いキャラ
「え? 呼んだ? 今、俺のこと呼んだよね??」
「何やってんだよマルセル! さっさと帰るぞ! ……すみません、お邪魔しました!(胃の辺りを痛そうに押さえながら」

メインキャラから選ぶはずだったのに、どうしてもマルセル(九十九)以外思いつかなかった……。
posted at 2018/9/27 22:04:39

5)ポテチの袋を開けるのが一番下手なキャラ
リクエスト(?)いただいたので九十九の三人で。

ウネンが袋を摘まんで引っ張るものの、握力が足りなくて指が滑る。
「ああもう、貸してごらんよ」同じく指が滑るモウル「……こういうのはね!文明の利器を使えばいいんだよ!(ハサミを取りに席を立つ」→
posted at 2018/9/28 08:22:56
「要するに、引っ張りあければいいんだな」
オーリ、まさかモウルの握力がそこまでヘタレとは思わず、力を込めて袋を引っ張る。

\\紙吹雪ならぬポテチ吹雪//

やらかしたショックで茫然と立ち尽くすオーリ。
慌ててポテチを拾い集めるウネン。
おのれの握力に凹みながら拾うのを手伝うモウル。
posted at 2018/9/28 08:27:12
ポテチ時空は土足厳禁なので大丈夫です!(我ながらツッコミどころしかない……)
twitter.com/minila00/statu…
posted at 2018/9/28 12:31:10
(ウチの不器用そうなキャラは大抵「あ、無理かも」と思った時点でハサミを持ち出してくるので、袋バーストさせるのは、それなりに器用で力が強くて融通がききにくいアルノルド(ヴェーのフォローが無い状況)とか、煽りに弱いお調子者のレイとか嶺とかが勢い余ってやらかす、ってあたりかと)
posted at 2018/9/28 08:28:06

6)一番趣味が合う2人
珊慈(法則)とヴェー(帰郷)は、相方の愚痴でものすごく意気投合しそうではある。
珊「お互い苦労しますね……」
ヴ「どうして、ああも危なっかしいかね、あいつはホント」
珊「でも、そこが彼女のいいところではあるんですが(グラスを呷る)(酔ってますね」
ヴ「……ばくはつしろ」
posted at 2018/9/28 08:29:29

7)今一番推してるキャラ
色々考えたのですが、ここはもう「全員」で! 未読の方は、是非サイトまでいらっしゃいませ!(宣伝)
greenbeetle.xii.jp/works/

お付き合いくださった方々、ありがとうございました! 楽しかったです!
posted at 2018/9/28 08:32:25
拍手
 

創作関係の呟き:寒いね、と言うと

 またも更新せぬまま一ヶ月が過ぎてしまいました……orz

 とりあえず、広告を消すために、ツイッタからの転載いきますね。えいっ!(ぶん投げ

「薄紅まといて」には弓道部が出てくるんですけど、実は私は弓道の経験がなくて、ぼんやりとした頭の中のイメージを文章としてアウトプットするために、WEB上は勿論、図書館で参考文献を探しまくりましたん(遠い目) おかげさまで今のところ弓道経験者の読者さんからダメ出し貰わずにすんでます…
posted at 2014/8/21 23:49:01
@yorutukinohi ああ、わかります、わかります。どんなに情報を集めて疑似体験しようと、実際に経験なさった方との間には、埋められない溝がありますもん、私も常にびくびくしております。だからこそ、経験者さんに「問題ない」と言われた日には、ガッツポーズ&喜びの雄たけびモノですv
posted at 2014/8/22 22:50:20

読み返すたびに修正点が見つかる……妖怪の仕業だな……貴様、名を名乗れ……
posted at 2014/8/25 21:52:48
でも、推敲作業って、結構好き……。少しずつ、本当に少しずつだけど、文章が前より良くなっていくのを見るの、楽しい……。
posted at 2014/8/25 21:57:23

サイトのアンケートで恋愛ものを求めておられる方が多いのは認識しているんだけど、現代恋愛ものばかり書いてると、どうしても違うジャンルのものを書きたくなってくるんだよ。尤も、恋愛もの書いてる、つってもサイト用じゃないから、どんどんサイトの恋愛もの率が下がってくることになるわけでアレ。
posted at 2014/9/22 09:04:25

つくものバナーに使わせていただいたフォントはこちら→ 「自由の翼フォント」 tanukifont.com/jiyu-no-tsubasa/ @tanukizamurai さん制作の「TVアニメ『進撃の巨人』第二期オープニングテーマで使用されている書体を真似て作ったフォント」です。
posted at 2014/9/22 09:41:45

@sousakuTL ……いつか、サイトにのっけてる小説を冊子にしてみようかな、と思ってる。一冊から製本してくれるところがあるし、あくまでも保存用、自分用でな。
posted at 2014/9/29 21:59:54

#自作品のタイトルについて語ってみる 「薄紅まといて」:桜が出てくるから薄紅。桜吹雪を身に纏う、って表現カッコイイよね、と思ったのは確かですが、実はひっそりと、「的を射る」との掛詞になってます。
posted at 2014/10/3 09:35:30
#自作品のタイトルについて語ってみる ……題名つけるの苦手なので後回しになることが多い。完成まで外に出さなかった「図書館で会いましょう」なんて、第一稿完成まで仮題「本」だったw でもこれはまだマシなほうで、酷いのだと「[キャラ名]が○○する」とだけ一行目に書いてあるというね。
posted at 2014/10/3 10:13:54

つくも、書けた分から一話ごとサイトで小出し連載しようかと思ってたけど、これ、ざっとでも最後まで書いたほうがいいかもしれない……。二月末までに仕上げられるかな……。ちょっと欲が出てきた。
posted at 2014/10/10 08:49:05
短編だろうが長編だろうが、全部書いてからバランス整えないと伏線とかエライことになる、ってのは、この数年で嫌というほど身に染みたから……。リドルみたいに一話読み切り形式なら、調整しやすいからいいんだけど。
posted at 2014/10/10 08:57:10
@typ1 ※あくまでも、私の場合は、です。
posted at 2014/10/10 08:58:05
てか、リドルも続きをなんとかしたいんだけどなー。ネタは三話分あるんだけど、プロット組めるほどまとまってないというか、まとめてないというか。前回、似たような状態から十日で一話仕上げたから、つい油断してる……もしかして自分、やればできる子なんちゃうん、って、もう四ヶ月経ってるけどな!
posted at 2014/10/10 09:08:03

ホノカがヒタカに寒いね、と言うと綿入りはんてんを着せてくれました。
shindanmaker.com/405783
 
流石はヒタカ、イマドキの高校生らしからぬ渋いチョイス。ちなみに順番を逆にするとホノカがヒタカの腰に巻きつくことに。(巻きつく、で清姫を連想したなんて言えない……)
posted at 2014/10/16 21:49:54
原田がヒカリに寒いね、と言うと無言で暖房の温度を上げてくれました。
shindanmaker.com/405783
 
ヒカリの、これぐらい自分でしやがれ、という氷のような眼差しが見えるようです。
posted at 2014/10/16 21:53:32
「寒いね、と言うと~」診断、「うつしゆめ」の主役カップルだとあまりにフツーだったので、因縁の二人でやってみた。
 
嶺が陸に寒いね、と言うと毛布で簀巻きにされました。
shindanmaker.com/405783
 
きっと、爽やかな笑顔でぎっちぎちに締め上げるんだろうな……。
posted at 2014/10/16 22:11:23
拍手
 

創作関係の呟き:校正と校閲

 一ヶ月って過ぎるの早いね……。

 このところ、創作脳の上位にあるフィクション脳が、「ハイキュー!!」一色で塗りつぶされてしまっていて、創作小説モードに頭を切り替えるのに四苦八苦しているGBです。
#明日から本気出す。

 さて、前回のブログ更新から一ヶ月が経ち、広告が表示されるようになってしまったので、ここらでまたツイッタでの創作関係の呟きをまとめて転載しておきます。

縦書き印刷すると、横書きのパソ画面の時とは文章のリズムが違って見えるみたいで、読点の位置とか三点リーダーの有無とか、ちょこちょこ手を入れたくなるなあ。で、そうやって修正した箇所を再度横書きで見ても、今度は全然変に思わないということは、そもそもから修正すべき箇所だったんだろうな。
posted at 2014/4/30 09:20:57
読点や三点リーダーに手を入れると、それに付随して助動詞や助詞も修正する羽目になったりね。キャラの動作等の繋ぎが微妙になり、ワンクッション入れてみたり、段落の分け方変えてみたり。エンドレス作業と思いきや、三回も読み返せば落ち着いてくるので、やはりそもそもから修正すべき箇所だ以下略。
posted at 2014/4/30 09:29:42
でも、流石に十万字超えをまるっと一気に読み通すとなると、途中から集中力が家出してしまうね……。だから、今書いてるのは、中盤超えたあたりから、時々息抜き兼ねて最初のほうを読み返して推敲しているんだけど、そうすると、書き進めるスピードは当然のごとく遅くなるわけでね……(遠い目
posted at 2014/4/30 09:42:23

「共同・協同・協働。その違いは?」 dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/2008/07/16/… "「共同」には「力を合わせる」という要素は必ずしもありません。「共同浴場」「共同受信アンテナ」は、べつに力を合わせて風呂に入ったり、電波を受信したりするわけではありません。" のくだりがツボったw
posted at 2014/5/15 12:10:00
「図書館で会いましょう」では略称だけ出してた海資研なる組織の正式名称を考えてぐるぐるしていたりする。既存のものと名前が被らないようにしなければ、と、無い知恵をしぼっているところ。複数の県による地方独立行政法人、という設定だから、どこかに「協同」って入れておけばいいかね……。
posted at 2014/5/15 12:21:45

歩きながら原稿のこと考えてて、ふと、あのくだりは「揺さぶられる」よりも「揺り動かされる」のほうがしっくり来るなあ、と、閃いたので、メモっとこう。
posted at 2014/5/23 09:45:18
そういや、ちょっと前に、サイトに載っけてる「夜風~」のビフォーアフターにマウスオーバーで修正理由が表示されるようにしたんだけど、「なんとなく」とか「語呂が悪いような気がした」とか、理由になっていない理由がちらほら出てきて、自分で笑ってしまった。
posted at 2014/5/23 10:05:35

現代が舞台の恋愛ものなのに、何故に章タイトルが「大魔王登場」だったり「白馬に跨ったお姫様」だったりするのか……(白目
posted at 2014/5/31 09:47:28

RT @smokeRDP: プロの校正者は小説のどこをチェックしているか tensi-no-match.info/order-proofrea…
posted at 2014/6/20 07:06:21
校正もだけど、特に校閲のチェックを受けると、まずパアッと視界が広がる感じがするんですよね。で、ワンテンポおいて「やっちまったー!」って頭抱えてゴロゴロ恥ずかしがるw そうだよね、雨音がうるさい上に窓越しじゃ声聞こえないよね、どうしてこうなった…(ノ∀`)アッチャー みたいな。
posted at 2014/6/20 07:23:43
プロの校正さんは「直すべき箇所」を教えてくれるわけだけど、かつて参加した「でんしょでしょ!」の校正スタッフさん達はそれに加えて、書き手という立場で「(自分だったら)直したい箇所」も教えてくれたので、これがかなり勉強になった。そこまで踏み込んだコメントって、普通はもらえないもんね。
posted at 2014/6/20 07:37:38
朝の校正校閲ツイ"書き手という立場で「(自分だったら)直したい箇所」も教えてくれた"について補足。「でんしょでしょ!」で教えてもらったのは「自分だったらこう直す」といった具体的な文章ではなく、「違和感を覚える箇所」「考えうる違和感の原因」「解決方法の一例」といったヒントでした。→
posted at 2014/6/20 20:40:04
→お手本の文章ではなくてヒントを貰えたのが、自分的に物凄く助かりましたん。強引に例えるなら、数学の問題の答えだけ教わるんじゃなくて解き方を教わる、って感じみたいな。数学と違って文章には「正解」が無いので、ちょっと不適切な例えのような気もするけど、雰囲気だけでも伝わればいいなあ。→
posted at 2014/6/20 20:46:14
→で、こうやってゲットした「解き方」は、今、むっちゃ役に立っています。校閲で指摘された問題点に対応する時は勿論、原稿を書いている最中に「あ、ここ、分かりにくい、ってツッコミ入りそう」と自分で気づける確率が若干上がったような気がします。(それでアレかというツッコミはナシの方向で!→
posted at 2014/6/20 20:57:42
→というわけで、最後に勝手にオリジナル小説電子同人誌「でんしょでしょ!」を宣伝☆ densyo.sblo.jp ダウンロード無料ですよー。
posted at 2014/6/20 21:01:52

最近、スペックは悪くないのに行動の端々が駄目駄目な野郎を書くのが楽しくてたまらない。
posted at 2014/6/26 08:12:08
「最近」なのか? というツッコミは、甘んじて受ける所存であります。
posted at 2014/6/26 08:12:40

読書を通じて得ることができた語彙、って、それが使われていたシーンの雰囲気といった、言葉に表せない「におい」みたいなのがまとわりついているような気がする。だから、偶に言葉の厳密な意味や使い方を誤解してしまってることもあって、今になって悶絶する羽目になるんだけど。ああああ恥ずかしぬ!
posted at 2014/7/3 13:24:52
でも、そういう「におい」ていうか「深み」?みたいなのが言葉に引っ付いてくるのって、個人的になんか楽しいと思ってるので、自分の小説を読んだ人にもそういう楽しさを味わってもらえたらなあ、と、マイナーな単語を織り交ぜて……というのは建前で、単に語彙が偏っているだけなんです。すみません。
posted at 2014/7/3 13:37:34

拍手
 

ハロウィン小ネタ

 小ネタで恐縮ですが、昨晩呟いたハロウィンネタをまとめておきますねー。

 ヒロインが「トリック以下略」とネタをふって、野郎の反応を見る、というパターンに揃えようと思ったんですが、どうしても一つだけ上手くいかなくて、諦めました。恐るべし、どつき漫才コンビ……。

「トリック・オア・トリート、って、なに、その溜め息」「仮装もなしで、『トリック』とか『トリート』とか言われてもなあ」「じ、じゃあ、(髪の毛ほどいて)貞子」「……」「トリック・オア・トリート!」「……」「……恥ずかしいんだから何か言ってよ!」「……」「なにニヤニヤ笑ってんのよ(泣」
posted at 23:24:35

先のツイ、今プロット組み立ててる話からキャラを引っ張ってきましたん。でも、改めて読み返したら、ヒロインのキャラがちょっと違ってしまったかも。うむむむ。
posted at 23:28:06

つーわけで、今まで書いた現代物のキャラを使って、ハロウィンネタSS、いきまーす。
posted at 23:30:18

「トリック・オア・トリート!」「どうぞ」「え?」「いたずら、するんでしょ? どうぞ(イイ笑顔」「あ、いや、別にいたずらしたいわけじゃなくって、むしろ私はお菓子のほうが……ほら、そこの飴でいいから」「ああ、これはあとで僕が食べるから、あげない」「……」「いたずら、どうぞ(ドヤ顔」
posted at 23:32:30

「トリック・オア・トリート! ていうか、トリック・アーンド・トリー……」右フック炸裂
posted at 23:34:44

「トリック・オア・トリート……いつも不思議に思うんですけど、『トリック』と『トリート』で行動の主体が違わないですか? ほら、『いたずら』するのは来客側で、『もてなし』をするのは、家の人なわけでしょ? って、あれ? 先生、どうされました? 頭痛ですか?」
posted at 23:39:41

「トリック・オア・トリート! なーんて」『……何かお菓子を送ろうか?』「ええええ? いいよ、ちょっと言ってみたかっただけだから! 気にしないで!」『そうか。……もしかして、仮装もしてるのか?』「まさかぁ」『…………そうか』(何か今ガッカリされたような……)
posted at 23:46:25

「今日図書館のキッズルームで、ハロウィン・パーティしたんですよ。って、職員が猫耳つけて、子供達に飴ちゃんを配っただけなんですけど」「猫耳……?」「ほら(鞄をチラっと開けて)これ、百均で買ったんですけど、結構出来がいいでしょ」「……!」「特に、館長がすごく似合ってて!」「……」
posted at 00:00:20
※館長:恰幅の良い50代後半の気のいいおっちゃん

なんてこった、日付変わってしまった……orz ハロウィン・ツイ、順に、「うつしゆめ」「RはリドルのR」「あい対する積木」「薄紅まといて」「図書館で会いましょう」でした! 一通り書いて満足したので、風呂ってこよう。
posted at 00:06:46
拍手
 

電子書籍『図書館で会いましょう』配信開始

図書館で会いましょう(電子書籍)表紙 このたび、パブリッシングリンクさんから三作目の電子書籍を出版していただきました。

 恋愛/日常の謎/司書/理系研究者
 400字詰原稿用紙 164枚
 価格:\400+税
 表紙:秋吉ハル

 本日より、ケータイ向けサイト「よみーな」で配信が開始されました。
 パピレスなどのPC向けサイトでは、来週から配信される予定です。
 詳しいことは、こちらにまとめておきますね。

 今回、初めての「書き下ろし」電子書籍となります。
 パブリッシングリンクさんのブログ記事にあるように、「毎日同じ棚の同じ場所をじっと見つめる男性の映像」という、実に掴みどころのない漠然としたイメージからスタートして、なんとか無事一つの物語に仕立てあげることができました。
 そんなわけで、日常の謎×恋愛(ラブシーンもあるよ)、という、相も変わらぬGB節(自分で言っててちょっと痛痒い)炸裂な物語となっております。
 ヒロインが真面目で慎重派なこともあって、読んでいて焦れ焦れされるかたも多いんじゃないでしょうか。で、最後には是非「リア充爆発しやがれ!」と叫んでいただけたら。

 趣味丸出しで楽しんで書いた物語、少しでも多くの人に楽しんでもらえたらいいな、と、祈っております。
ヽ(*´∀`*)ノ
拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします