未熟な甲虫の呟き

創作小説サイト「あわいを往く者」附属ブログ。(サイト掲載小説一覧書籍のご案内
   
ユーザータグ「ライオン、子ライオン、孫ライオン」の記事
2021/08/01
創作話] 創作関係の呟き:あの頃の自分へ、みたいな 
2021/07/27
書籍・電子書籍] 『動物園であった泣ける話』収録「ライオン、子ライオン、孫ライオン」の朗読ブックが販売開始 
2021/04/14
書籍・電子書籍] ファン文庫Tears『動物園であった泣ける話』に短編を書き下ろしました 

創作関係の呟き:あの頃の自分へ、みたいな

 毎度のツイッタまとめです。

#自作のタイトルについて語ってみる
「九十九の黎明」
数多の/多くの人々にとっての/幾度となく繰り返される/白/空白の歴史/まだ何も書き込まれていない/ここから始まる

地図描く少女と、少女の師匠を追う剣士と魔術師との、世界の秘密と人知の在りようを巡る冒険譚。 ncode.syosetu.com/n2761cz/
posted at 2021/4/29 21:12:31
タイムラインに流れてきたタグを見てまわってたら、なんか私一人が現在進行形で中二病炸裂させてるようなツイートしてて笑うしかないwポエムかよww

ええ、好きなんですよ中二ぽえむ。
posted at 2021/4/30 08:36:42

@sousakuTL フセルガリグ、希望した惑星、というのが直訳のはず(頼むよグーグル翻訳さん)。作中に出した訳文では意味合いにちょっとズレが発生しそうなんだけど、そこはそれ、より幅広くイメージしてもらいたかったから。
――って、メモっとかんと詳細を忘れそうになるわ……。
posted at 2021/5/27 19:11:18

@sousakuTL 薄々気づいてた人がいらっしゃるかもですが、明言してみました。
遥けき大地の物語 - カクヨム kakuyomu.jp/users/typ1/col…
まァでも、気づく人だけ気づいたらいいや、って思っているのは以前と変わらずなので、壁打ちでコソッと呟くだけにしておきます。
posted at 2021/5/27 19:13:45
@sousakuTL 言うて、このツイートもこれまでどおり後日ブログにまとめるわけですけど。
posted at 2021/5/27 19:22:55

「九十九の黎明」のレビューをありがとうございます! この物語をこんなに大切に思ってくださる人がいる、ということが本当に嬉しいです、光栄です。 書いてよかった。 心からそう思います。
引用ツイ>twitter.com/sarah0731rose/…
posted at 2021/6/1 22:21:11
基本的に私は「こういう物語が読みたい」「頭の中に置いておいたままだとすぐに忘れるからアウトプットしよう」「他にもこれを面白いって思ってくれる同士がいるかもしれない」「同士がいるなら是非この思いを共有したい」という動機で小説を書いているのですが、九十九はそれに加えて、たぶん初めて
posted at 2021/6/2 08:33:26
十代の読者を意識して書いた物語でした。現在の自分だけではなく、かつての自分が読んでいた、読みたかったものを思い返して。言うて、普段どおりの文体や語彙で書いたから子供向けというにはちょっとムズカシイとこもあるので、小説投稿サイトのタグにも「児童文学〈風〉」って逃げを打ってますけど。
posted at 2021/6/2 08:40:25
(子供の頃にマイナーな語彙を読書で仕入れまくってた自分としては、知らない言い回しがちょろちょろっと出てくるぐらいどうってことないかな、とも思った)(背伸びしたいお年頃、ちょっとムズカシイ単語を脳内の辞書に追加するの、「私、こんな単語知ってるもんね」てな感じでとても楽しかったし)
posted at 2021/6/2 08:46:07
(あとは、ほら、「この言葉を知ってもらおう」とか「この言葉が死に絶えないように」とかいう打算があったり、単に「この言葉が好きやねん」という我儘だったり)
引用ツイ>twitter.com/typ1/status/13…
posted at 2021/6/2 08:49:57
まあ、要するに、これまでの「同士はいないか~!」に加えて「同士になろう!」みたいなパッションも持って書いた物語なので、そのパッションをこうやって受け止めていただけたことがものすごく嬉しいわけです。
posted at 2021/6/2 08:52:11
広く同士(および同士予備軍)に届けるための一番の方法は、書籍となって全国の書店や図書館に配本されることだと思うんですが、当然ながら全然まったく簡単なことではなくて、でも、少しでも沢山の人に読んでもらいたい、との思いは依然として強く持ち続けています。できることからコツコツ頑張るぞー
posted at 2021/6/2 08:57:12

@akiwatawata ちなみに、「渡座の祈り」を書いた時のネタファイルの一部がこんなんだったりしますw
クロッキー帳に雑な地図があるにはあるんですが、パッと参照する用ということで……。

posted at 2021/6/20 15:01:28

 ファン文庫Tearsに寄稿した短編について。
@sousakuTL 厳しい文字数制限のお蔭で、カメラワークと情報の出し方のコントロールが上手くなった(当社比)と思う。単語の並べ方もかなり読み易いようになってきてるんじゃないかなー。そうなってたらイイナ―。
posted at 2021/5/22 22:17:27
「猫と姉さんと私」は、前にもちょろっと記したとおり、私にとって「祈り」の物語です。あの猫が幸せに暮らしていますように、と。あと、引っ込み思案で悩む人も、ぼちぼちなんとかやっていけますように、と。あとは、ねこかわいい、の気持ち。ねこはいます。よろしくおねがいします。
posted at 2021/7/12 22:04:34
(対して、「ライオン、子ライオン、孫ライオン」は……あれは「赦し」の物語なのでした……。あの距離感を受け止めてくださった皆さんには感謝の言葉しかありません……)
posted at 2021/7/12 22:09:08
拍手
 

『動物園であった泣ける話』収録「ライオン、子ライオン、孫ライオン」の朗読ブックが販売開始

 四月に発売された『動物園であった泣ける話』の朗読ブックが販売開始いたしました!

動物園であった泣ける話[ファン文庫Tears朗読ブック]@マイナビブックス

 上記のリンクは、一冊丸々、全12篇が収録されたものです。
 私の「ライオン、子ライオン、孫ライオン」単体のものは、以下のリンクです。

ライオン、子ライオン、孫ライオン@マイナビブックス

今回「ライオン、子ライオン、孫ライオン」を朗読してくださったのは、わたなべかずひろさんです。
 主人公の男子大学生がぐるぐる悩むモノローグも、調子のいい小学生とのテンポの良い会話も、表情豊かな声で見事に演じ分けておられます。加えて、主人公の祖母や母といった、それぞれ異なる年代の女性の脇役まで! 素敵な朗読をありがとうございます!
「耳」で「読む」朗読ブック、皆さんも是非体験してみてください。
拍手
 

ファン文庫Tears『動物園であった泣ける話』に短編を書き下ろしました

 4月13日に発売された『動物園であった泣ける話』に、「ライオン、子ライオン、孫ライオン」という短編を書き下ろしました。

動物園であった泣ける話 表紙 男子大学生と小生意気な小学生とのほのぼの(?)交流譚です。 タイトルは、早口言葉の「にゃんこ、子にゃんこ、孫にゃんこ」をもじりました。全然早口言葉関係ないけど。
 書誌情報や主な販売サイトへのリンクはこちらにまとめてあります。

 小説本文には記載しませんでしたが、舞台となった動物園は大阪の天王寺動物園です。14年前の園内の様子やライオンの詳細を調べる際に、広報誌「なきごえ」のバックナンバーにむっちゃ助けられました。記録を残してくださりありがとうございます! すごいな便利だなインターネッツ!
 ついでに、「国民的探偵漫画」は『名探偵コナン』を想定してます。私は乱歩でしたが身内の小学生は名探偵コナンで物騒な単語を覚えてましたね。かように読書は人生を豊か(?)にしてくれる……( ˘ω˘ )

 前回参加した『京都であった泣ける話』のあとから、一ページあたり一行増量となったのですが、結局今回も最後の一行まで使い切ることになりました……。
 ストーリー的にはもう少し行数を切り詰めることもできたんですが、主人公の
「は?」
という台詞と
「はァ?」
という台詞だけは、それぞれ独立した行で書き記したかったんですよ。どうしても。
 推敲中に、これらの台詞下部に存在する空白がものすごく恨めしかったんですが、他の箇所の文章を圧縮することでなんとか最後まで死守しました。縛りプレイにもほどがあると自分でも思います。

動物園が舞台の心にしみる十二篇の物語、どうぞよろしくお願いいたします。



拍手
 
 

新着

■コメント
2021/01/14:GB(那識あきら)
2021/01/12:へい
2018/09/07:GB
2018/09/07:冬木洋子
2017/11/30:GB
■トラックバック
2010/09/05:はやぶさが来るよ!

書籍

『リケジョの法則』表紙
『リケジョの法則』
¥647+税
発行:マイナビ出版

電子書籍近刊

『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』表紙
『工作研究部の推理ノート 七不思議を探せ』
¥550
発行:パブリッシングリンク

更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします